記事

「えっ今なんて?」と聞き返したくなる行動原理…バズるのに嫌われる『鬼滅』無惨様の魅力 - CDB

1/2

 今日も今日とてツイッターでは、無惨様のパワハラ会議のセリフ改変画像がバズっている。

 ネットをよく見る人ならどこかで見たことがあるかもしれない。『鬼滅の刃』第6巻、52話で鬼の首領である鬼舞辻無惨が、部下である下弦の鬼たちを集めてその不甲斐なさをなじり、一人一人処刑していくその理不尽さは、アニメ放送以降ネットでも話題になった。

 漫画内のセリフ部分を自分たちの会社事情に書き換えたツイートがバズったり、ニュース番組のパワハラ問題の音声をアニメの映像に被せたYouTube動画が100万回以上再生されたり、「無惨様のパワハラを適法に言い直すと」「無惨様がもし学校の先生だったら」などありとあらゆるバリエーションの大喜利が生まれヒットし続けている。

「お前は敵から逃げようと考えてるな」と詰め、それを否定すると「私の言うことを否定したな」と断罪する「無惨裁判」の理不尽さは、色々な人が身につまされるシーンなのだ。


アニメ公式サイトより

菅首相も、辻本清美も

 11月4日の衆議院予算委員会で、日本学術会議の問題などを追及する立憲民主党の辻元清美氏は「総理は鬼滅の刃のですね、セリフを一言おっしゃったけどね」と、2日に菅首相が「全集中の呼吸で答弁させていただく」と答弁したことに言及する形で、「最後に、鬼滅の刃の漫画の黒幕の言葉を、こうならないように、として紹介しておきます」と読み上げた。

「私は何も間違えない。全ての決定権は私にある。私の言うことは絶対である。お前に拒否する権利はない。私が正しいと言ったことが正しいのだ」。

「与党も野党もいったい国会で何やってんの?」と21世紀生まれの鬼滅世代のキッズたちは呆然としたかもしれないが、これは昭和の時代から続く「流行のネタを国会答弁に盛り込む」という日本の美しい伝統文化であり、豊漁を祈りイワシを海に呼ぶ儀式なので我慢してほしい。ともかく、ネットでバズりにバズった無惨様のパワハラ発言が国会審議にまで届き、めでたく議事録に残されることになった記念的瞬間であった。

 今回はこの無惨様の衰えないネット人気について考えてみたい。なお、前回のキャラクター人気ランキングの記事と同じように、今回の記事も『鬼滅の刃』漫画本編、アニメ、映画などのネタバレを含むのでお気をつけいただきたい。

これだけバズったのに無惨様の順位は23位

 さて、これだけネットでバズったにもかかわらず、前回のランキング記事で振り返ったように、第二回『鬼滅の刃』キャラクター人気投票における鬼舞辻無惨様の順位は、3年前の第一回から12位下がって23位、735票であった。部下である上弦の鬼のほとんどより下、そのさらに二軍である下弦の鬼である魘夢より7位も下という結果である。1位の善逸くんが17451票なのに。

「ネタツイがいつも万バズでYouTubeが100万回再生なのに、キャラクター人気投票が735票とはどういうことであるか、説明せよ」

 と、無惨様は地獄で第2回パワハラ会議を収集して部下を締め上げているかもしれない。

「リツイートは1万くらい行くのに『いいね』が1000くらいしかついてない炎上ツイートってあるじゃないですか、無惨様ああいう感じじゃないッスかね」

 と、「第1回パワハラ会議では過剰に平伏して殺されたので、今回はあえて腹を割ってフレンドリーにトークしてみようかな」と果敢にチャレンジした下弦の弐「轆轤(ろくろ)」はきっと今回も首を捩じ切られてしまうだろう。

(ひどい話としてバズればバズるほど嫌われるという非常に当然の結果なのでは……)

 と頭の中でつい考えた下弦の参「病葉(わくらば) 」の思考もまた無惨様に読まれてしまうだろう。

 そう、無惨様はバズパワー、ネットミーム力は最強なのに、読者崇拝をあまり受けない悪役なのである。少女漫画で人気のドS王子路線もあくまで「私に惚れていればこその強引なアプローチ」にキュンとするのであって、相手を虫ケラとも思っていない無惨様のパワハラはいくらイケメンでもNGなのであろう。

 しかしながら、この「バズるのにちゃんと嫌われている」というところが悪役・鬼舞辻無惨様のキャラクター造形の優れたところであり、原作者である吾峠呼世晴先生の作劇術の勝利であるとも思う。

暴力的でありながら同時に教育的なコンテンツ

『鬼滅の刃』が、きわどい戦闘描写がありながら、低年齢層、またその親世代に非常に好感を持って受け入れられていることはよく知られている。実際、低年齢向けコンテンツとしての『鬼滅の刃』は、実によく考えられている。

 基本的に過去のジャンプ人気マンガごっこにおいて、妹はお兄ちゃんたちからミソッカス扱いであるか、ひどい場合には無理やりフリーザ役をやらされて泣かされたりと散々な目にあってきたわけだが、『鬼滅の刃』においては「妹は基本的に箱に入れて守ってあげるもの。なお妹も適度にバトル参加したいので適当にうまい棒などを口にくわえて爪で引っ掻く単純攻撃は可とする」という未就学女児でも参加できる絶妙のルール設定で禰豆子というヒロインはキャラクターデザインされている。

 また悪役である鬼にもそれぞれの社会的・経済的背景があることが描かれ、主人公炭治郎の「暴力や人殺しは許さないけど、この鬼たちにも心がある」という悲しみの描写によって、全国の純粋な子供たちが「なるほど、見た目が悪党っぽいからといって適当に弾圧すればいいというものではないのだな」と言った社会倫理を学べるようになっている。暴力的でありながら同時に教育的なコンテンツなのだ。

あわせて読みたい

「鬼滅の刃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。