記事

学校外の情報網は大丈夫か

11/12文部科学部会で挨拶する様子

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 コロナ禍でもあり、学校での情報化を、国費総額4600億円以上かけて加速度的に整備しています。

 先日も、奈良県の学校情報化への取り組み状況が報道されていました。

 11/6「【特集】先生も奔走『GIGAスクール構想』上々? 教育現場に「通信」と「情報」」
 https://www.mbs.jp/mint/news/2020/11/09/080350.shtml

そのような中で、10月の文科部会でも指摘された、学校外の情報網が脆弱ではないかとの指摘を受けて、各地の教委に調査を行い、その結果がまとまったので、11月12日(木)に報告を受けました。

文科省

 小中学校では、年度内に児童生徒一人一台の情報端末を整備し、学校内の情報網は整備しているのですが、学校外の情報網については、自治体任せとなっていました。

 今回の文科省の調査では、速度が不足していたり、同時利用率を低く見積もっている地域が散見されていました。

 今後も、学校の情報化に力を尽くします。

あわせて読みたい

「情報化社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。