記事
  • ロイター

WHOコロナワクチン枠組み、目標の20億ドル調達 貧困国に供給

[ロンドン/ジュネーブ 13日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンの平等な分配を目指す「COVAXファシリティー」は、貧困国にワクチンを供給するために20億ドルを超える資金を調達し、中間目標を達成した。

世界保健機関(WHO)とともに同枠組みを立ち上げた官民組織「GAVIアライアンス」によると、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のほか、フランス、スペイン、韓国などの国に加え、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などがこのほど合計3億6000万ドルを提供。年内に20億ドルを調達する目標が達成された。

これにより、COVAXファシリティーを通して92カ国に対し合計10億回分のワクチンが供給できる。

来年はワクチン提供に50億ドルの資金が新たに必要になる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

  10. 10

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。