記事
  • ロイター

米ミシガン大消費者信頼感、11月速報値は低下 米大統領選など影響


[ワシントン 13日 ロイター] - 米ミシガン大学が13日公表した11月の消費者信頼感指数(速報値)は77.0と、10月確報値の81.8から低下した。米大統領選の結果や新型コロナウイルスの感染再拡大が影響した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は82.0だった。

期待指数は71.3と前月の79.2から低下。現況指数も85.8と85.9から低下した。

期待インフレ率は1年先が2.8%、5年先が2.6%。前月はそれぞれ2.6%、2.4%だった。

ミシガン大は声明で「選挙後に実施された調査では、共和党員の期待指数が大幅にマイナスに転じた一方、民主党員の期待指数は上昇しなかった」と指摘。「民主党員の新型コロナ感染再拡大への懸念が経済に対する期待の高まりを打ち消した可能性が高い。新型コロナの影響で生活が大きく変化したと答えた割合は共和党員で34%だった一方、民主党員は59%だった」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。