記事

眞子さまホワイトドレスに込められた“迷いなき強い決意” 小室圭さんとの結婚「生きていくために必要な選択」 - 佐藤 あさ子

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)が、小室圭さん(29)との結婚についてのお気持ちを文書で公表された。

【写真】潔さが際立つ眞子さまのホワイトドレス…佳子さまは真紅のドレスをお召しに

〈私たち2人がこの結婚に関してどのように考えているのかが伝わらない状況が長く続き、心配されている方々もいらっしゃると思います。また、様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。〉

2020年、眞子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者である男性との間の金銭問題が一つのきっかけとなり、眞子さまと小室さんの結婚に関する行事は「来年は一連の重要な儀式等が執り行われることから、それら一連の儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込みです」(宮内庁発表)として、2018年2月から延期されて以来、眞子さまが結婚についてのお気持ちを示されたのは初めてのことだ。

 世間からの懸念の声を受け止められながら、これほど率直に小室さんとの結婚に対する強い思いを綴られたことに、とても驚いた。そしてすぐに、2017年9月3日に行われた婚約内定記者会見で、はにかみながら見つめ合う眞子さまと小室さんの姿を思い出した。

「一言で申し上げるのは難しゅうございますが、小室さんは私を温かく励ましてくださる存在でございます。最初に惹かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思いますが、性格を深く知るうちに真面目でご自分の考えと強い意志を持ちながら努力されるお姿、また、物事に心広く対応される姿に惹かれました」

 3年前にこう述べられた眞子さまの初々しいお気持ちは、今でもまったく揺るがず、「宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに強く惹かれました」と呼応するように話した小室さんの思いも変わらないのだろう。

具体的な「対応」や「結婚後の生活」については明かされなかった

 秋篠宮さまは2018年11月の誕生日会見で、眞子さまと小室さんの結婚には「相応の対応」と「多くの人が納得し喜んでくれる状況」が必要だと述べられた。しかし、少なくとも今回眞子さまが公表された文書で、具体的な「対応」や「結婚後の生活」への準備について明かされることはなかった。その点でも、眞子さまと小室さんの姿勢はあまり変化していないという印象を受ける。

眞子さまと佳子さまの“紅白ドレス”

 ただ近頃、眞子さまのご様子からは“迷い”がなくなってこられたと感じることが多かったように思う。とりわけ、11月8日に行われた「立皇嗣宣明の儀」に臨まれた眞子さまのホワイトドレスからは、柔らかい雰囲気とともに、粛然とした決意が感じられた。ウエスト部分の切り替えが、まるでお祝い事の“水引き”のようなデザインで、アクセントになっている。佳子さま(25)は真紅のドレスを選ばれて、高い位置のウエスト部分にあしらわれたリボンや、レース素材などから、より華やかさを感じさせる。ご姉妹の“紅白ドレス”を拝見した時、眞子さまの装いから迷いのない潔さが感じられた。

 10月23日の眞子さまの誕生日に際して公開されたご近影でも、結婚について「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と述べられた佳子さまと顔を近づけてインスタントカメラで自撮りされるなど、吹っ切れたような明るい笑顔を見せられていたことが記憶に新しい。

 そして今から思えば、眞子さまの心象風景のようでもあったのが、「研究者コラム」だ。勤務先である「インターメディアテク」のウェブサイト上で9月10日に公開されたもので、眞子さまが暗いギャラリーを歩き回られ、ぱっと明るく電気が点いた時のことを綴られている。

「どこへ行こうかと思った瞬間に電気が点いた」

〈さて次はどこへ行こうかと思った瞬間に電気が点いた。わずか十数分の小旅行は終了し、見慣れた風景が戻ってきた。それはまるで時計の針が再び動き出したかのような感覚で、しかし私は、いつもと違うIMTも結構好きだった・・・などと、思い返すのである。〉

 眞子さまは今回の文書公表について、〈11月8日に立皇嗣の礼が終わった今、両親の理解を得たうえで、改めて私たちの気持ちをお伝えいたしたく思います。〉と、秋篠宮ご夫妻の「理解」を得たうえで行われたことを明言されている。

〈結婚に向けて、私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております。〉と眞子さまが述べられた箇所については、「宮内庁によると、天皇、皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻、上皇ご夫妻も眞子さまと小室さんのこのお気持ちを尊重されている」(産経ニュース、11月13日)という。

秋篠宮さまの誕生日会見は間もなく行われる

 9月11日、紀子さまは54歳の誕生日を迎えられた際の文書回答で「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております」と述べられている。

 注目されるのは、11月30日に55歳の誕生日を迎えられる秋篠宮さまの記者会見だ。記者会見は今月中に間もなく行われる予定で、眞子さまの結婚についても質問が用意されているという。結果的に秋篠宮さまの誕生日会見よりも早く、眞子さまの文書は公表された。秋篠宮さまはどう受け止められ、父としてどのような思いを語られるのだろうか。

(佐藤 あさ子/文藝春秋 digital)

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。