記事

コロナ第3波 国が病院に減収補填しなければ医療崩壊

6万2,253筆の署名を添え「減収補填」の要請書を厚労省に手渡すSaveMed SaveLivesの室生代表(左)。=13日、厚労省 撮影:田中龍作=

 コロナ感染の第3波到来が指摘されても、Go Toは止まらず怒涛の勢いでウィルスを拡散する。

 国民の危機感を代弁するように「SaveMed SaveLives=医療を守ろうプロジェクト」が、きょう、厚労省を訪ね、医療機関への財政支援を要請した。

 同プロジェクトが具体的に要請したのはコロナ禍に伴う減収の補填だ。「国が全額補償を行って下さい」と求めている。

 コロナ患者のために空床を確保する。一般診療の患者は激減する・・・病院経営は苦しくなる一方だ。

 毎月数億円の赤字を出している病院も少なくない。しわ寄せは医師、看護師など医療従事者に行く。

 赤字 →リストラ → 一人当たりの業務量は増える → にもかかわらず給料は減る → 離職者が出て来る→ 医療は崩壊する

 通院が必要な患者にとっては地獄のような現実が訪れてもおかしくない状態が近づきつつある。

防護服が不足していたため看護師は無防備な格好で患者と接していた。院内感染が起きて当然の環境にあった。=4月、都内 撮影:田中龍作=

 マスクやフェイスシールドを着用するよう通達が出ているが、経営悪化のため職員が自己負担で購入しなければならない・・・そんな病院もある。モラルの崩壊は医療従事者の精神を荒廃させる。

 「SaveMed SaveLives医療を守ろうプロジェクト」は、こうした現状を縷々説明しながら、減収補填を国に申し入れた。

 しかし厚労省医政局の山本修一室長は「(現在執行中の)3兆円規模の医療支援が行き届いていないので、行き届いてみないことには分からない」と述べ、回答を避けた。

 コロナウィルスの感染者数が毎日のように最多を更新する。医療は崖っぷちに立たされているのに、行政の危機感はあまりに薄い。

     ~終わり~
       
      ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者のお力で維持運営されています。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。