記事
  • ロイター

コロナ規制が個人の自由を侵害、アリト米最高裁判事が懸念


[13日 ロイター] - 米連邦最高裁判所のアリト判事は12日夜、新型コロナウイルス感染防止のための諸規制が、信教の自由を含む個人の自由に制限をかけることに懸念を示した。

アリト氏は、保守系法曹団体「フェデラリスト・ソサエティー」の年次会合に向けた講演で「信教の自由は一部で急速に嫌われた権利になりつつある」と発言。

「新型コロナ危機は、憲法への一種のストレステストとなっている」と述べ、パンデミックを受けた行動制限などの規制が過去に例がないほど「厳しく、広範囲で長期的」だと指摘した。

アリト氏は、新型コロナウイルスの重大性を軽視するつもりはないと断った上で、新型コロナの流行は「個人の自由に以前は考えられなかったような制約」をもたらしたと指摘した。

米国の新型コロナ感染者は1040万人を超え、死者は24万人以上となっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。