記事

「アメリカ国民の半分はトランプ派」という事実を無視してはいけない

1/2

トランプ氏の大統領職へのこだわりは異常としか思えない

アメリカの大統領選で勝利を確実にした民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が11月10日、地元の東部デラウェア州で記者会見を行った。

ワシントンにあるトランプ氏のホテル前でバイデン氏の旗を掲げる支持者=2020年11月7日
ワシントンにあるトランプ氏のホテル前でバイデン氏の旗を掲げる支持者=2020年11月7日 - 写真=時事通信フォト

バイデン氏は共和党のドナルド・トランプ大統領(74)が敗北を認めていないことに対し、狼狽や当惑、困惑を意味する「embarrassment」という表現を使い、「実に恥ずかしいことだ」と批判するとともに「大統領のレガシー(政治的遺産)にとって良くない」と語った。トランプ氏に早く敗北を認めることを求め、「協力がなくとも政権移行の準備は進められる」と強調した。

トランプ氏はバイデン氏の勝利宣言以降も、法廷闘争を叫び、敗北宣言を拒んでいる。だが、選挙の不正を疑わせる情報はない。11月6日付の記事「身勝手な勝利宣言をするトランプ氏が、このまま大統領でいいはずがない」でも指摘したが、トランプ氏の大統領職へのこだわりは異常としか思えない。潔さのかけらもない。このまま赤っ恥をさらしたまま消え去るのだろう。

トランプ氏の得票は2008年のオバマ前大統領を上回っている

今回の大統領選では、バイデン氏とトランプ氏がともにオバマ前大統領が初当選した2008年の過去最多得票数(6950万票)を更新した。

報道によれば、バイデン氏が勝利宣言をする直前の6日未明時点の集計でバイデン氏は7350万票、トランプ氏も6960万票を獲得していた。総投票者数は1億5800万人を軽く超え、投票率は66.4%に達した。大統領選の投票率が60%台後半となるは、1908年以来のことになる。

トランプ氏は前回、得票数ではヒラリー・クリントン氏よりも少なかった。しかし、獲得した選挙人の数でヒラリー氏を上回って勝利した。

なぜ今回の大統領選はこれだけ投票率が高くなったのか。新型コロナの感染拡大で郵便投票の条件が緩和され、多くの有権者が期日前投票を行ったことに加え、就任以来、問題発言を繰り返してきたトランプ氏の勝敗に注目が集まったからだろう。

今回の大統領選挙で敗れたとはいえ、トランプ氏に投票したアメリカ国民はたくさんいた。いわば依然としてアメリカ国民の半分はトランプ氏に期待している。トランプ氏が消えても分断は解消しない。私たちはその厳しい現実を直視する必要がある。

選挙では激しく対立したが、結局は一緒にやっていくしかない

トランプ政権が誕生してからアメリカの分断の溝は日増しに大きくなり、それは大統領選挙で頂点に達した。国民は共和党の「赤」と民主党の「青」に分かれ激しく衝突した。性別、人種、所得、宗教……。それぞれの政党には強みを持つ支持層がある。しかし、それらの対立と片づけてしまえば、分断は深まるだけだ。

共和党vs民主党
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Aquir

選挙では赤と青に分かれた。だが、選挙が終われば、アメリカに住む同じ国民である。対立を続けても、いいことはひとつもない。いずれにしろ、一緒にやっていくしかないのだ。

民主主義を健全に機能させるには、そうしたリテラシーを持つことが重要だ。選挙は多数決で決まる。しかし選挙が終われば、多数派は少数派を包摂し、そして連帯していくための方法を考えなければいけない。それが民主主義だ。

「この大国の軌道を正す歴史的な重責を自覚してもらいたい」

バイデン氏の当選が確実視されると、日本の全国紙も一斉に社説のテーマに取り上げた。扱いも大半の新聞社が1本社説という大きさだ。

11月10日付の朝日新聞の社説は「米大統領バイデン氏当確 民主主義と協調の復興を」との見出しを掲げ、冒頭からこう訴える。

「米国社会の融和と国際秩序の再建が喫緊の課題である。この大国の軌道を正す歴史的な重責を自覚してもらいたい」

「融和」と「再建」。まさにその通りだ。トランプ大統領の手によって破壊された社会をもとの状態に、いやもっと素晴らしい社会に変えていく努力が欠かせない。かつて世界中の人々を魅惑したアメリカン・ドリームを復活すべきである。そのうえで国際社会に大きく貢献してほしい。

朝日社説はさらに訴える。

「型破りの大統領は来年1月に去る。だが、彼を支えた米社会の深層は変わらない。人種などの多様化に伴う摩擦に加え、広がる経済格差への労働層の怒りがくすぶり続けるだろう」
「地域、性別、世代など様々な分断をどう乗り越え、米国本来の多元主義を回復するか」
「勝利演説でバイデン氏は『団結をめざす大統領になる』と強調した。女性初の副大統領となるカマラ・ハリス氏とともに、国民統合の道を探ってほしい」

「人種差別」「経済格差」「様々な分断」。どれもアメリカ社会に巣くうやっかいな問題である。しかし、バイデン氏にはあきらめずに前に進むことを期待する。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。