記事
  • ロイター

第3四半期マレーシアGDPは前年比-2.7%、予想より小幅な減少


[クアラルンプール 13日 ロイター] - マレーシア中銀が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は、前年比2.7%減少した。ロイターがまとめたアナリスト予想(3.2%減)よりも小幅なマイナスにとどまった。政府が新型コロナウイルス感染防止策を一部緩和する中、消費支出が上向き、企業活動も再開した。

第2・四半期のマレーシアGDPは前年比17.1%減と、2009年の世界金融危機以降で初のマイナス成長に陥った。

中銀は、経済は第3・四半期に大幅に改善したと指摘。事業や雇用が持ち直し、国内支出や、大半のセクターの活動を押し上げたとした。

ノル・シャムシア・ユヌス中銀総裁はオンラインの記者会見で「世界の需要の回復や、国内の経済活動の正常化に支援され、成長は2021年に向けて上向く」との見方を示した。

第3・四半期は、民間消費が2.6%減で、第2・四半期の5.6%減から減少幅が縮小。第2・四半期に15.1%減少した輸出(グロスベース)は、第3・四半期は4.4%増となった。

中銀は、今年の125ベーシスポイント(bp)の利下げが2021年の成長を下支えすると主張。その上で「政策支援や援助」を続ける姿勢を示し、「金融政策に関する今後の議論は、引き続き、変化する状況を踏まえて行う」とした。

中銀は、2021年の経済成長率見通しを上方修正。従来の平均6.75%から7%(予想中央値)に引き上げた。

バークレイズは、中銀は2021年を通じて政策金利を据え置くと予想。25bpの利下げ確率が低いながらもあるとた。

マレーシアでは10月、新型コロナ感染率の高い地域に絞ってロックダウン(都市封鎖)を実施するなど制限措置を復活させており、一部のエコノミストは、第4・四半期のマレーシア経済に影響すると懸念している。

こうした見方に対して中銀は、新型コロナによる世界の成長へのリスクは和らいだと強調。総裁は「成長へのリスクは、第2・四半期ほど深刻ものにはならない見通し」と述べた。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  7. 7

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。