記事

「親孝行がしたかった…」40年にわたる入院生活を強いられた男性と考える、日本の精神科医療の課題

1/2

 「退院の希望がなかった時、飛び降りて死のうと思ったこともあった。本当の自由が欲しかった」。

 “精神科病院大国”と呼ばれる日本。多くの国が精神科の病床数を減少させるなか、日本は逆行している。そして問題とされているのが、長期入院だ。平均入院日数は他の先進国の10倍もあり、WHOからは“深刻な人権侵害”だと勧告されてきた。伊藤時男さん(69)も、40年にわたり精神科病院での生活を強いられてきた一人だ。

・【映像】長期の入院で退院を諦める”施設症”も...統合失調症の診断を受けた男性

■「このまま病院にいたいという気持ちが強くなっていった」

 伊藤さんが病を発症したのは16歳の時、父の再婚相手との関係が悪化、家を飛び出して働き始めた頃だったという。「“あれ、俺もしかしたら天皇と親戚じゃないか”“俺より偉いやつはいない”という妄想が起きた」。精神科病院で統合失調症と診断され、即入院。退院したのは約2年後のことだった。

 服薬によって症状は抑えられていたというが、周囲の偏見は激しく、足がつって騒いでいる伊藤さんを見た親戚が“症状が悪化した”と感じ、再び入院させられることになってしまった。

 そして22歳で父の住む福島県の病院に転院。ここでは“治療の一環”として、平日朝9時から夕方5時まで、近くの養鶏場などでの“院外作業”に従事した。「鶏のフン出し。大変な仕事だ。ぴゅっと飛んで来て、口や鼻に入りそうになる。酷い目に遭った。それでも、転院する前に父に会った時、背中が小さく見えた。不憫に思えて“福島の病院に行ったら模範的な患者になろう”と誓っていた」。

 “早く退院して父を安心させたい”という思いから、どんな嫌なことも我慢しようとしたという伊藤さん。症状も服薬で抑えられていたが、10年、20年と時間だけが過ぎ去っていった。そして伊藤さんに、閉鎖的な環境に長期入院することで起きる「施設症」の症状が現れる。「ご飯は食べさせてくれるし、こんな良いところはない。このまま病院にいたいという気持ちが強くなっていった」。

 入院生活が30年を過ぎ、伊藤さんが還暦を迎えた2011年、東日本大震災の発災に伴い、病院が避難地域となった。今度は茨城の病院に転院することになったが、1年後、退院しても問題ないとの診断を受け、グループホームに入居することになった。

 伊藤さんが入居したグループホームを運営する社会福祉法人「アルカディア」の中田駿理事長は「話を聞いたり、表情を見たりした限り、もっと早く退院できた人なんだろうな、この人は大丈夫だなというのが第一印象だ」と振り返る

 「やっぱり父親孝行したかったなって。弟が言っていた。死ぬ間際まで“時男、時男”って言ったんだぞって。不幸なことばかりしたから、それだけは悔いが残る」と語る伊藤さん、現在は群馬県太田市のアパートで一人暮らしをしている。障害者年金の8万円で日々の生活をやりくりしている。

 そして今年9月末、伊藤さんは「精神障害者が地域で暮らすための環境整備を国が怠ったために、自由に暮らす権利を奪われ人権を侵害された」として、国を相手取り裁判を起こした。「入院が長すぎると、どうでもいいやって気持ちになってくる。そういうふうになっている人がいっぱい居る。私は退院ができないことを苦に自殺した人も見てきた。看護婦さんに“退院したい”と言ったことを咎められ、近くの線路に飛び込んだ。そういう人をなくすために裁判を起こした」。

あわせて読みたい

「精神疾患」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。