記事

「トランプ氏は救世主!」ワシントン中枢を侵食する“陰謀論集団”Qアノンとは何者か? - 「文藝春秋」編集部

 大混乱におちいっていたアメリカ大統領選挙だが、ようやくバイデン前副大統領が当選に必要な選挙人の数を獲得した。

【画像】「Q」のマークを掲げるトランプ支持者

 しかしトランプ陣営は接戦だったペンシルベニア州など、いくつかの州で開票作業をめぐって提訴。法廷闘争での逆転を目指しており、トランプ大統領自身もTwitterでみずからの「勝利」を訴える姿勢を崩そうとしていない。

 こうした混乱を選挙前から予想していたのが、アメリカ研究が専門の渡辺靖・慶應義塾大学SFC教授だ。10月下旬の段階で次のように話している。

「トランプ陣営の戦い方は、リングの上で負けそうなら、リングの外に戦いの場を移すというもの。ですから選挙結果が不利なものになれば、選挙に不正があったと主張して、いろんな州で訴訟を起こすでしょう」


トランプ大統領の演説を聞く支持者たち ©AFLO

分断を象徴する「Qアノン」の存在

 実際、事態はそのように推移している。トランプ陣営の訴えが認められれば、いくつかの州で票の集計をやり直すケースがありえるだろう。

 しかしバイデン氏は獲得した選挙人の数を上積みしている。たとえトランプ陣営が法廷闘争で一部、勝利するようなことがあっても、現在の趨勢ではバイデン氏の勝利が確実だと見られている。

 そのバイデン氏は11月7日、みずからの勝利を宣言したが、祝賀ムードを抑えつつ、こう発言している。

「分断ではなく、団結させる大統領になることを誓う」

 その上で、こうも語った。

「互いを敵と見なすのは止めなければならない。私たちは敵ではない。アメリカ人だ」

「アメリカの傷をいやすときだ」

 次期大統領がそのように国民へ語りかけなければならないほど、アメリカの分断は激しいのだ。実際、選挙の大勢が明らかになった段階でも、アメリカの各地で、バイデン支持者とトランプ支持者のこぜりあいが起きている。

 こうしたアメリカの分断を象徴するもののひとつが、選挙前に注目された「Qアノン」という陰謀論者たちの存在だ。

「トランプ氏は〈闇の国家〉と闘っている」

「Qアノン」とは、アメリカの機密情報を知る当局者と自称する「Q」なる存在が、インターネットの匿名掲示板で発信した情報を信じている人だ。そのスタンスは反民主党、反リベラル、そしてトランプ氏を熱狂的に支持というものだ。

「トランプ氏はアメリカの政治を陰で操る〈闇の国家〉と闘っている救世主だ」

 ではトランプ氏が選挙で敗れてしまえば、話は終わり、そうした陰謀論は消えてなくなるかといえば、そうではない。

 なぜなら、すでにQアノンはアメリカ中央政界を侵食しているからだ。

 大統領選と同時におこなわれた連邦下院議員選で、Qアノンの信奉者とみられるジョージア州から出馬したマージョリー・テイラー・グリーン氏が圧勝。彼女以外にも、Qアノン支持を明言こそしないものの、その影響を受けているとみられる当選者が、複数、出ると報じられている。

“陰謀論”がワシントン中枢に入り込んだ

 上述の渡辺教授は、「文藝春秋」12月号において、こう述べている。

「これまでは陰謀論的な勢力に加担してしまうと、さすがに広範な層からの支持が得られず、選挙に勝てないとされてきました。

 そのため陰謀論は政治の世界から排除されてきましたが、それがワシントンの中枢に入り込んでしまった。これはアメリカの歴史において、初めての事態ではないでしょうか」

 その上で、こう指摘した。

「Qアノンを生み出したアメリカの社会・政治状況は当面、続きます。Qアノンの台頭は、選挙の結果そのものよりも、ある面では重い現象だといえるでしょう」

 では、なにがQアノンを生み出したのか。その背景には被害者意識があると、渡辺教授は指摘する。

民主主義や多様性などインチキ

「これまで民主主義とか多様性を信じてきたけど、それで割を食ったのは自分たちだ。そんな理念はすべてインチキで、もはや信じない。別の真実を探していこう――こうしたQアノンの被害者意識、現状を拒絶する感覚が、トランプ氏の支持基盤の持つ意識と重なっていることは明白です」

 では、Qアノンと重なる、トランプ支持者のスタンスとは何か。渡辺教授は前回の大統領選を振り返り、こう指摘した。

「トランプ旋風の原動力となったのは、経済的に劣勢に立たされた人々のグローバリズム(自由貿易、移民の流入、多国間枠組みなど)への怨念でした。

 工場がアメリカから他の国へ出て行ったため、製造業の雇用が失われていきました。同時に英語を話さず、宗教も違う人たちが移民としてアメリカに流入した結果、雇用が奪われたし、職を失わないまでも実質賃金が下がっていった。

『アメリカはグローバリズムの食い物にされた』『アメリカはグローバリズムの被害者だ』というトランプ氏の世界観が支持されたのです」

トランプ旋風とサンダース現象の共通点

 こうしたトランプ氏の世界観とQアノンの世界観が重なっているのだ。

 さらに、Qアノンとトランプ支持者に共通するのは、アメリカ社会を動かしてきたエリート、エスタブリッシュメントたちへの反感だ。

 だが、この反感は保守派に限ったものではないという。

「そんな人たち(注:エリートやエスタブリッシュメント)に従ってきた結果、グローバリズムが進み、自分たちは大変な目にあっている――こうした意識は、すでに触れたようにトランプ現象の原動力なのですが、じつは民主党で生じたサンダース現象の原動力でもあるのです」

 つまり、反エリート、反エスタブリッシュメントという共通点はあるものの、リベラル派は、どんどん左のほうへ寄っていき、分断が拡大していったのである。

 一方で、共和党も「トランプ的な世界観にかなり支配されている」と渡辺教授はいう。

「共和党で権力を握ろうとする政治家は、多くのスキャンダルや疑惑があってもトランプ支持をやめなかった巨大な層に背を向けるわけにはいきません。反トランプを打ち出すと、一気に反発を食らうことになるからです」

 今回の大統領選でも、トランプ氏は敗色濃厚とはいえ、事前の予測よりも善戦しており、その得票数は7000万を超えた。これは2008年のバラク・オバマ氏を上回っているのだ。

 トランプ氏個人の影響力はともかくとして、先ほどから触れている「トランプ的な世界観」の影響力は、選挙後も当面、残る可能性が高い。

「政治的部族主義」を乗り越えられるか

 近年のアメリカ政治は南北戦争以降、最も分裂した状態にあると言われているという。渡辺教授は、こうした状況を「政治的部族主義」と表現している。

「政治的指導者は国民の融和を目指すのではなく、特定の『部族』(自分の支持基盤)の利益だけを重視して、異なる部族は徹底的に敵視する。敵なのだから客観的な事実にもとづかない批判も構わないし、それどころか過激な暴力もいとわない人たちさえも出現してくる」

 こうした「政治的部族主義」が、Qアノンをはじめ、さまざまな問題につながっているのだ。アメリカは、この選挙を契機に、Qアノンという存在が象徴する分断を克服して、バイデン氏が語ったように団結することができるのだろうか。

◆◆◆

 このほか、「陰謀論がはびこりやすいアメリカの政治風土」「日本でQアノンは広まるか」といった点を論じた渡辺靖教授「米大統領選を揺るがす『Qアノン』の正体」の全文は、「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年12月号)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。