記事

「なんでも温暖化のせいにするな」バッタ大発生も台風増加も環境問題とは関係ない

1/2

蝗害(バッタ類の大量発生による災害)や台風増加などの異常事態は温暖化が原因なのか。早稲田大学の池田清彦名誉教授は「温暖化のせいとはいえない。地球の長い歴史を振り返れば、過去にもそのようなことは起こっている」という――。

※本稿は、池田清彦『環境問題の嘘 令和版』(MdN新書)の一部を再編集したものです。

大量のバッタ
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ruvanboshoff

バッタが大発生し、ソマリア政府は「国家非常事態宣言」を発表した

今年(二〇二〇年)一月に、アフリカのソマリアでサバクトビバッタが大発生した。「サバクトビバッタの大群が異常なほど大規模で、膨大な量の穀物や飼料を食べ尽くしている」、そのため、「人々とその家畜の食料源が危険にさらされている」と報じられ、ソマリア政府は二月二日に「国家非常事態宣言」を発表した。

こういう異常事態が発生すると、すわ、温暖化の影響か、とばかりに短絡反応をする一群の人々がいる。なんでも温暖化が原因だ、と思い込む困った人たちだ。

サバクトビバッタ、トノサマバッタなど一〇種近くのバッタは、幼生密度が高いと、体が黒くスレンダーになり、翅(はね)が長く、後脚が短くなり、飛ぶのに適した「群生相」と呼ばれる体形になる。いわゆる飛蝗(ひこう)である。幼生密度が低い時は「孤独相」と呼ばれる体形に成長するが、この二タイプは体形ばかりでなく、行動や食性も異なる。遺伝子に違いはないので、環境要因によって体形が変わる、表現型可塑性の一種である。

ソマリア近辺では大雨が続き、飛蝗の発生しやすい条件が作られたようだ。草丈が短い草地に好んで産卵するため、大雨が降って普段は半砂漠のようなところが、草地化したり干ばつが続いて川が干上がり、川底が草地化したり、大火の後、焼け野原が草地化したりすると、局地的に好ましい産卵場所が出現する。成虫が蝟集してきて交尾産卵し、幼生密度が高くなり、飛蝗が発生するわけだ。

バッタの大量発生は歴史上いろいろな地域で起きている

飛蝗は、飛行衝動が強く集団で移動するため、同じ方向に一日一〇〇~二〇〇キロメートルの速度で移動し、行く先々で、植物であればなんでも食べつくし、世代を繰り返していく。その結果、飛蝗の通り道にあたるところでは作物が食べつくされて、飢饉が発生する。

干ばつと気候変動の影響
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/piyaset

飛蝗と、それがもたらす災害(蝗害(こうがい))という現象は、毎年起きることではないにしても、歴史上、いろいろな地域で起きている。今世紀になって蝗害がひどくなったという話はきかないので、これは人為的温暖化のせいではない。

歴史的に飛蝗が大発生した記録が多いのは中国で、大雨や、干ばつの後では多かれ少なかれ飛蝗が発生したようだ。飛蝗の出現は皇帝の不徳の致すところとの風評が信じられていたようで、時の皇帝はことのほか、飛蝗の発生を警戒したという。日本は飛蝗の発生には適していないようで、大規模な蝗害はあまり聞かない。最近では一九八六年に馬毛島(まげしま)(種子島の西方の無人島)で発生した記録がある。これは一九八五年の山火事のせいだという。

ギネスに登録されたバッタの大量発生数は一二兆五〇〇〇億匹

近年の最も大きな大発生は一九世紀後半、北アメリカでロッキートビバッタにより起こされたもので、一八七五年の大発生は特に酷く、発生数は一二兆五〇〇〇億匹と言われている。これはギネスの世界記録に登録されている。地上一・六キロメートルの厚さの大群が五日間途切れることなく通過したとの証言もある。不思議な事に、ロッキートビバッタは僅か三〇年に満たない一九〇二年には完全に絶滅してしまった。絶滅原因はよく分かっていないとのことだ。あまりにも増え過ぎた反動で絶滅したのかもしれない。人類も気を付けたほうがよさそうだ。

最近は、アフリカ以外では飛蝗の大発生の話を聞かないのは、農薬漬けになった土地では、バッタの個体数が低く抑えられているためだろう。馬毛島で大発生したのは、この島は無人島で農薬は使っていなかったからだ。

アフリカの東部で作物が食い荒らされて、飢饉になるという現地の人の恐怖は分かるが、サバクトビバッタは食べられるので、一網打尽にする方法を考えて、つくだ煮や塩漬けにして保存しておけば、暫くは飢えを防げるだろう。

そもそも本当に温暖化しているのか

地球温暖化の例として、氷河が崩れ、シロクマ(ホッキョクグマ)が流氷の上に取り残されたりする映像が流れることがあるけれど、氷河は温暖化したから崩れるのではなくて、後ろからどんどん押し寄せるから、その圧力で崩れているだけだ。

ホッキョクグマの研究をしているカナダの進化生物学者のスーザン・クロックフォードによると、ホッキョクグマは、気候変動で絶滅していないどころか、四〇年前に比べて、相当増えているという。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。