記事
  • ロイター

SDRの新規分配、合意に期待=金中夏IMF理事


[ワシントン 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の金中夏理事(中国出身)は12日、「特別引き出し権(SDR)」の新規分配について、現状では米国が慎重姿勢ながら将来的には合意を得られることに期待感を示した。

ボストン大学の関連研究機関主催のオンラインイベントで発言した金氏は、多くの低所得国の流動性問題が対外債務の支払い不能に発展すれば、SDRの新規分配に対する米国も反対姿勢から転じる可能性があるとの見解を示した。

金氏は、大規模なSDRの新規分配は「極めて良いアイデア」であり、加盟国の多くに支持されていると指摘した。

同氏は「IMFがSDRを大量に発行するのは、特に低所得国の対外債務支払い不能問題には極めて適切だ」と協調、「IMF理事会内で今後、合意が得られると期待している」と語った。

SDRの新規分配案は、ゲオルギエワIMF専務理事がパンデミック初期に提唱したが、米国が反対した。

IMFは金融危機の2009年にも、同様にSDRを分配した。米国で当時副大統領だったバイデン氏の大統領就任が確実となったことで、IMF加盟国の一部からはSDRの分配案合意に期待が強まっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。