記事
  • ロイター

アストラゼネカの抗がん剤、新型コロナ治療の中期試験で効果見られず


[12日 ロイター] - 英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は12日、抗がん剤「カルケンス」を新型コロナウイルス感染症治療に用いる中期臨床試験で、入院患者の生存率向上と肺機能低下防止の目標を達成できなかったと発表した。

同社は結果について「期待外れだった」と表明。ただオックスフォード大学との新型コロナウイルス用ワクチン開発や、新型コロナ向け抗体薬の治験には影響しないと強調した。

カルケンスは、人体の過剰免疫反応を抑制する「BTK阻害剤」と呼ばれる種類の薬で、本来は慢性リンパ性白血病の治療に用いられる。肺炎など重篤な肺疾患を抱える新型コロナ患者はこの過剰免疫反応に苦しんでいると考えられており、アストラゼネカが行った試験はカルケンスにそうした面で効果があるかどうかを知る狙いがあった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。