記事
  • ロイター

NY市場サマリー(12日)ドル安定的、ダウ300ドル超安

[12日 ロイター] -

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが安定的に推移した。欧米での新型コロナウイルス感染第2波を受けた投資家の慎重姿勢がコロナワクチンを巡る期待を上回った。

ニューヨーク時間のドル指数<USD=>は0.01%高。アジア時間で安値を付けた後、ロンドン時間ではやや値を戻していた。

米労働省が12日に発表した11月7日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、70万9000件と前週から4万8000件減少し、3月以来の水準に改善した。ただ、ドルへの影響は限られた。

この日は米欧英中銀のパネルディスカッションが開催されたが、新たな手掛かりは乏しかった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長と欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、コロナワクチンの臨床試験(治験)で良好な結果が出たことを歓迎しながらも、経済の先行きは不透明なままだと強調した。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は「きょうの資本市場は神経質ながらも落ち着きが見られる」と指摘。価格が新たな方向性を示しているわけではないが、新型コロナを巡る見通しや中銀の今後の金利政策、米大統領選の行方などが懸念されていると述べた。

安全通貨である円<JPY=D3>は対ドルで105.125円に上昇。コロナワクチンを巡るニュースを受け、今週は約2%下落している。

ユーロ<EUR=EBS>は0.2%高の1.1803ドル。

アジア時間に対米ドルで1年8カ月ぶりの高値を付けたニュージーランドドル<NZD=D3>はその後売られ、終盤は0.5%安。

カナダドル<CAD=D3>は対米ドルで0.6%安の1.3140カナダドル。カナダドルはコロナワクチンを巡るニュースを受け、9日に一時1.2928カナダドルまで上昇していた。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのエリック・ネルソン氏は、カナダ経済は比較的安定しており、コロナワクチンへの期待を背景とする原油高の恩恵も受けるため、カナダドルは今後数カ月間、堅調に推移するだろうとした。

ポンド/ドル<GBP=D3>は0.8%安の1.3113ドル。欧州連合(EU)と英国との通商協議を巡る懸念が重しとなった。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 米金融・債券市場では国債利回りが低下。新型コロナウイルス感染の世界的な急増や米国の物価指標が弱かったことで、相場の下支えとなった。

米疾病対策センター(CDC)によると、新型コロナウイルス感染者は12日時点で14万3408人増加し1031万人超。死者数は1479人増の24万1069人だった。

10月の消費者物価指数(CPI)は前月から横ばいとなり、予想の0.1%上昇を下回った。食品が緩やかに上昇したが、需給が緩む中でガソリンが下落した。前年比の伸びは1.2%上昇だった。

この日行われた270億ドルの30年債入札は、全般的に底堅い結果となった。利回りは1.68%と入札前取引(WI)の水準をやや上回ったものの、応札倍率は2.29倍で、8月時点から多少上昇した。外国中銀など間接入札者の落札比率も61.9%と、8月の59.8%を上回った。

FHNフィナンシャルのシニア金利ストラテジスト、ジム・ボーゲル氏は、市場参加者が多い中で国債相場が値上がりしたと指摘した。

10年債利回り<US10YT=RR>は10ベーシスポイント(bp)強低下し0.884%。前日はベテランズデーのため休場だった。

エバーコアISI(ニューヨーク)の債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、1%の水準が10年債利回りの大きな心理的節目となるものの、「1%を突破するにはもう少し材料が必要になる。この日のCPIやコロナ感染者の増加も利回りを押し上げるものではない」と指摘した。

30年債利回り<US30YT=RR>は1.645%に低下。2年債利回り<US2YT=RR>も0.176%に低下。2年債と10年債の利回り格差<US2US10=RR>は70bpに縮小した。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 米国株式市場は下落して取引を終えた。米国内で新型コロナウイルス感染者が急増する中、有効なワクチンの大量配布が可能になる時期を巡る懸念が高まった。

米国の1日当たり新規感染者は11日、8日連続で10万人を上回った。

ダウ工業株30種<.DJI>は、景気動向に敏感な工業株や金融株に押し下げられ、300ドル超下落した。航空機大手ボーイング<BA.N>は3%安、金融大手ゴールドマン・サックス<GS.N>は1.6安。

新型コロナ流行で大きな打撃を受けている航空会社やクルーズ運航会社の株価も値下がりした。S&P1500航空株指数<.SPCOMAIR>は3.1%安、クルーズ運航会社ロイヤル・カリビアン・グループ<RCL.N>は4%安、カーニバル<CCL.N>は約8%急落した。

ベアードの市場ストラテジスト、マイケル・アントネリ氏は「市場は米国で全国的に新型コロナの感染が急増していることに反応している。ワクチンのニュースは今後のある時点で支援になるだろうが、今は感染急拡大に直面している」と指摘した。

今週は新型コロナワクチンの臨床試験で効果を示す結果が発表されたことを受け、早期景気回復への期待が高まっていた。S&P総合500種<.SPX>はこの日の下落でも週初から約2%上昇している。

引け後に四半期決算を発表したネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>は時間外取引で8.6%上昇した。

ナスダック銘柄では、四半期の売上高が好調だった中国の電子商取引(EC)大手ピンドゥオドゥ<PDD.O>が20%の大幅高となり、指数を下支えした。中国の同業、京東商城(JDドットコム)<JD.O>は4.3%高。

S&Pのエネルギーセクター<.SPNY>と素材セクター<.SPLRCM>はそれぞれ約3%、2%下落した。

バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>は6.5%上昇。同社は11日、自社が開発する新型コロナウイルスワクチンの後期臨床試験(治験)に関し、中間解析を開始するのに十分なデータがそろったと明らかにした。

米取引所の合算出来高は103億株。直近20営業日の平均は100億株。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を2.95対1の比率で上回った。ナスダックでは2.17対1で値下がり銘柄数が多かった。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 欧米などでの新型コロナウイルス感染再拡大を背景に安全資産としての需要が高まり、反発した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比11.70ドル(0.63%)高の1オンス=1873.30ドル。

米メディアによると、米国内で11日に報告された新型コロナウイルスの新規感染者は14万5000人を突破し、1日の最多記録を更新。英国でも同日、欧州では初めて死者が5万人を超え、冬を前に経済活動再開の動きが停滞することへの警戒感が強まった。

また、12日朝に発表された米経済指標は、週間新規失業保険申請件数が4週連続で減少したものの、依然として70万件超と高止まりしていることが示されたほか、10月の消費者物価指数(CPI)も全体、コアともに市場予想を下回った。米長期金利の低下を背景に外国為替市場でドルが対ユーロで軟調に推移する中、金塊は割安感からも買われやすかったが、午後に入って米株式相場が下げ足を速めると、金塊への資金流入も鈍り、上げ幅の一部を縮小した。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 米エネルギー情報局(EIA)の統計で原油在庫の大幅増が示されたことを嫌気し、4日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比0.33ドル(0.8%)安の1バレル=41.12ドルだった。1月物は0.33ドル安の41.41ドルとなった。

EIAが発表した原油在庫は前週比430万バレル増と、市場予想(ロイター通信調べ)の90万バレル減に反して大幅な増加となった。これを受けて、需給緩和懸念が広がり、原油は売られた。ただ、ガソリン在庫は230万バレル減、ディスティレート(留出油)は540万バレル減と、ともに市場予想を大きく上回る取り崩しとなったことで、発表直後はもみ合う場面もみられた。

国際エネルギー機関(IEA)が12日、新型コロナウイルスのワクチン開発に進展があったとしても2021年後半までエネルギー消費が急速に回復することはないとの見通しを示したことも、相場の下押し材料。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 105.12/105.15 <JPY22H=>

始値 105.33 <JPY=>

高値 105.38

安値 105.08

ユーロ/ドル NY終値 1.1804/1.1808 <EUR22H=>

始値 1.1809 <EUR=>

高値 1.1817

安値 1.1788

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 93*24.50 1.6406% <US30YT=RR>

前営業日終値 91*03.50 1.7600%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*29.50 0.8832% <US10YT=RR>

前営業日終値 98*29.38 0.9890%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*09.50 0.3932% <US5YT=RR>

前営業日終値 98*31.00 0.4600%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*28.75 0.1768% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*28.25 0.1850%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 29080.17 -317.46 -1.08 <.DJI>

前営業日終値 29397.63

ナスダック総合 11709.59 -76.84 -0.65 <.IXIC>

前営業日終値 11786.43

S&P総合500種 3537.01 -35.65 -1.00 <.SPX>

前営業日終値 3572.66

COMEX金 12月限 1873.3 +11.7 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1861.6

COMEX銀 12月限 2430.6 +3.9 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 2426.7

北海ブレント 1月限 43.53 ‐0.27 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 43.80

米WTI先物 12月限 41.12 ‐0.33 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 41.45

CRB商品指数 153.0137 ‐0.6341 <.TRCCRB>

前営業日終値 153.6478

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。