記事

「不正」と扇動した極端なトランプ支持者らの“共鳴”現象

トランプ支持者らにより米国の分断は深まっている(写真/AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、一向に「負け」を認めないドナルド・トランプ米大統領について。

 * * *

 米大統領選で勝利を確実にした民主党のジョー・バイデン前副大統領は11月10日、敗北を認めないトランプ氏について「率直に言って、恥ずかしいことだ」と記者会見で述べた。機密情報などの政権移行のためのブリーフィングも十分に受けておらず、トランプ氏だけではなくポンペオ国務長官も同日、「2期目のトランプ政権に向けた円滑な移行があるだろう」と発言し、バイデン氏の勝利を拒否している。

 トランプ氏が潔く敗北を認めないのはなぜか。メディアはその理由を大きく2つに分けて分析している。1つはトランプ氏が持つ大統領としての特権だ。簡単にこれを手放すわけにはいかないという。

 トランプ氏には、2016年と2017年の2年間で納税がわずか760ドル(8万円弱)という脱税をはじめ数々の疑惑が浮上しており、桁違いの負債を抱え破産の可能性も指摘されている。大統領特権により、これまで疑惑に直面せずやってこれたが、立場を失えば免責の無い一般市民だ。借金や負債の返済も大統領でなくなれば待ってくれない。

 もう1つの理由は、米国をさらなる分断に追い込んでいることだ。トランプ氏は、今回の大統領選で現職大統領として最多得票数である7100万票を獲得した。バイデン氏も7500万票と史上最多の得票数を獲得しているが、現実には今回の投票者の半数近くがトランプ氏に投票したことになる。この支持者らにバイデン氏の勝利を納得させるためにも、簡単には引き下がれないという理由があるらしい。

 郵便投票の開票結果が進むにつれ、優勢だった州で次々と逆転されたトランプ氏は、Twitterを駆使して票の集計プロセスなどでさまざまな不正が行われていると訴え続けた。Twitter側は、このツイートに注意喚起のラベルを付け非表示としたが、彼の言い分に呼応した支持者らの中で「エコーチェンバー現象」が起きた。そのため対立が加速し、抗議デモや暴動が各地で勃発したのだ。

 エコーチェンバー現象とは、同類や同質のグループ等の中で、特定の情報が流通しそれが繰り返されると、共鳴するように増幅されていく現象。中でも、陰謀論は特にエコーチェンバー現象が起きやすいと言われている。

 例えば11月4日、Facebookに公開された“STOP THE STEAL”(盗みを阻止せよ)というグループがある。票を盗まれたとするトランプ氏のツイートにより生まれたものだが、グループの概要には「トランプ氏の勝利と国益のために必要なことは何でもする」と書かれ、24時間で35万以上のフォロワーを獲得した。「偽情報を拡散し、暴力を扇動している」としてFacebookにより翌日削除されたが、極右のトランプ支持者にとって、まさに彼ら好みの情報であり、過激な言動を正当化する論拠となっただろう。

 彼らのような極端な支持者に敗北を認めさせるには、「トランプ氏はここまでやった」という言い訳が必要らしい。大統領選の結果を左右する重要な州で法的に争う構えを見せ、裁判で決着がつく最後の時まで諦めない姿勢を示さなければ納得できないというのだ。だが、本当に言い訳が必要なのは彼らではなく、「力強い大統領」という自己像に縛られたトランプ氏自身ではないだろうか。

 ある世論調査によると、民主党員だけでなく共和党員の約6割、米国民の約8割がバイデン氏が当選したと認識しているという。トランプ氏の応援団だったFOXニュースなどの保守系メディアも、距離を置き始めているという報道もある。この世論の流れに押され、今後バイデン氏の勝利を受け入れる人は加速度的に増えると予想される。

 トランプ氏はこの先、人々にどう思われたいのか。おそらく、大統領でなくなっても、力強い存在として人気を保ち、支持者らの賞賛を浴びたいのだろう。だが、これ以上の抵抗や沈黙は果たして得策なのか、密かにトランプ氏の逆転を期待していた者としては、もうそろそろ、「さすがトランプ」と思える潔い敗北宣言を望んでいる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。