記事

“灘史上最高の秀才”“オウム幹部”…2年間だけあった東大理三&京大医学部W合格「神童」たちの行方 - 小林 哲夫

 いまでは考えられないことだが、第1志望は東京大、スベリ止めに京都大という大学選びができた年があった。1987、88年、国立大学の試験日がA日程=2月下旬、B日程=3月上旬に分けられる方式がとられ、東京大がB、京都大がAの日程で試験を行なったのである。AB両日程の入学手続きが同日なので、京都大に合格し入学する権利を持ちながら、東京大の合格日まで待つことができる、という方式だ。

【画像】「安田講堂“じゃない方”」意外と知られていない東大のシンボルといえば

 これによって、1987年、東京大、京都大の両方に合格した受験生が約1800人おり、このうち8割以上の1500人は東京大に進んだと、予備校関係者は分析していた。いちばん悲惨だったのが、京都大理学部である。同学部の合格者465人のうち、東京大(理一、理二、理三)合格者が381人もいた。京都大に入学手続きしたのは230人であり、差し引き235人つまり、学部合格者の半数以上にソデにされたことになる。


たった2年間だけ、東京大学と京都大学をW受験できた時代があった(写真は東京大学・安田講堂) ©iStock.com

 京都大学の理学部長はこう嘆いている。

「東大が巨人で、京大が阪神ということですわ。やっぱり阪神は巨人に弱い。それが具体的に証明されたわけですよ」(「サンデー毎日」1987年4月12日号)

 日本の大学で最難関とされる東京大理三(いわゆる医学部進学コース)と京都大医学部にダブル合格した受験生も50人以上いると、予備校関係者は推測していた。

 1987年東京大理三合格者高校ランキング上位校は次のとおり。

(1)灘24、(2)開成11、(3)ラ・サール9、(4)武蔵(私立)、東海は各4、(5)麻布、栄光学園、桐蔭学園、桐朋、広島学院、洛星は各2(大学通信調べ)。

 理三の定員は90人、そのうち、26.7%は灘が占めていた。そして、そのほとんどが京都大医学部を受験している。結果はどうだったか

「灘史上、最高の秀才」「オウム幹部」…W合格の「神童たち」

 この年、灘から理三に進んだ、上昌広さん(医療ガバナンス研究所理事長。元東京大学医科学研究所特任教授)に話を聞いてみた。上さんは京都大医学部にも合格している。

「この年、灘は例年以上に優秀な生徒が多かったようです。理三合格者はほぼ全員、京大医に受かっています。このなかには、伝説的な秀才、岡田康志君、そしてオウム真理教幹部2人がいたんじゃないかな。みんな東大に入学したので、京大医学部は辞退者が続出してえらくプライドを傷つけられた、という話を聞きました」

 すこし補足しよう。「岡田康志君」とは、灘史上、最高の秀才と言われている。駿台予備学校の東大実戦模試を中学3年で受けて、理三合格のA判定をとる。同模試は高校1年で2位となり、2、3年で1位をとっている。当時、灘高校の教師がメディアでこう語っている。

「教員生活40年になりますが、彼のような生徒に出会ったのは初めて。灘高でも10年に1人の逸材です。ただ、彼にとって気の毒なのは、高2では実際の受験ができなかったことでこの1年間は足踏みの年になってしまった」(「週刊サンケイ」1986年11月20日号)

 現在は、東京大大学院医学系研究科教授をつとめており、細胞生物学・解剖学講座で細胞生物学の研究に取り組んでいる。

「オウム真理教幹部」とは、I・K、T・Mのことである。I・Kは大学を休学し1990年にオウム真理教に入信し、麻原彰晃の三女(アーチャリー)の家庭教師をつとめている。地下鉄サリン事件に関わったことは確認できず、起訴されなかった。のちに九州大医学部に合格するが、偽名での受験から、合格取り消しとなった。T・Mは爆発物取締罰則違反および殺人未遂などで、東京地裁で懲役18年の判決を受けた(のちに東京高裁で懲役15年に減刑)。

「神童」集団の“等身大の姿”

 話を戻す。

 理三と京都大医学部のダブル合格は「頭が良い」では言い表せないほどのレベルで、「神童」「天才」「秀才」と呼んでもいい。こうした集団を生み出した灘校について、上さんはこう続ける。

「東京大向けの特別な受験指導を行っていない。もちろん、東京大へ行きなさい、といった助言もない。生徒に任せている。当時の野球強豪校PL学園みたいなもので、京阪神の優秀な生徒が灘に集まってきた。みんな受験勉強のノウハウをしっかり身につけており、どんな試験問題でも解けたからです。駿台予備学校の東大模試の上位10人のうち8~9人は、灘校の校内テストの順位とほぼ同じでした。放課後、いまのように鉄緑会のような塾に通うものはほとんどおらず、わたしも学校の勉強、自宅での自習で大学に入れました」

 医師、医学研究者になろうという志を持った生徒が多かったということだろうか。

「合格体験記で『将来は医者になって人を助けたい』と話す人はいるけど、それは言わされているんじゃないかな。高校生、いや、大学生になっても将来のことは考えられないですよ。友人が理三に行くから、周囲に合わせて受ける人、自分の実力に見合うからと受ける人が多かったと思います。灘に限らず、筑駒もそうでしょうが、それがのちのち医師としての適性面で問われるケースにつながったのは残念です。医療事故、製薬会社からの収賄、研究不正などです」

 上さんは理三に合格できなかったら京大医に行くつもりだったという。1年浪人しても翌年、理三に受かるとは限らないと思ったからだ。次の年に、灘などの天才、秀才集団が待ち構えている。

東大京大で起こった「水増し入学」「定員割れ」

 1988年はどうだったか。

 東京大と京都大に合格した受験生は約1200人だった(大学通信調べ)。

 ダブル合格者の高校別ランキングは(1)灘59人、(2)開成37人、(3)東大寺学園36人、(4)洛星34人、(5)東京学芸大学附属、甲陽学院が各28人、(7)麻布、洛南26人(「サンデー毎日」1988年4月10日号)。

 上位8校中、半分以上は関西なのは、京大入試日が東大よりも前だからだろう。関西の受験生は地の利がよい。関東の受験生にすれば東大入試前に京都へ出かけるのはしんどい、という思いがあったはずだ。京大入試東京会場があれば、関東の受験生が殺到しただろう。

 前年以上に、東京大、京都大はダブル合格者の動向が読み切れず、大混乱した。

 東京大は定員よりも288人水増し入学させている。京都大や他大学医学部に流れることを見越してのことだった。しかし、フタをあけてみると373人も入学を辞退した。その結果、102人の定員割れを起こしてしまう。東京大は3月下旬になって、102人に電子郵便で追加合格を知らせた。すでに私立大学あるいは予備校に授業料を払い込んでいる者が多かった。

 東京大の大幅な水増し合格のおかげで、予想を越えた合格者数を出した高校が少なくなかった。神奈川県立横須賀高校もその1つである。驚きを隠さなかった。「現役11名(うち理三2名、現浪あわせると18名)が合格したことは、ここ20年以上みられなかった『大異変』であった」(『横須賀中学・高等学校八十年史』1989年)。

 一方、京都大が1263人の水増しで、1159人が辞退している。結果、104人が定員オーバーとなった。学生が多くなり、教育の質が維持できなくなるという懸念が生じている。

W受験で起こった異変

 1987、88年は異常入試としか言いようがない。

 東京大、京都大のダブル受験によって、関西の進学校がおおいに注目された。東京大合格者を大幅に増やしたからである。試験日は京都大のほうが早かったので、受験は「力試し」「模擬試験」感覚で京都大を受けた受験生もいた。

 これは、東大合格高校の動きにも大きな影響を与えている。関西の私立4校が合格者を大幅に増やした。1986年、87年、88年の推移は次のとおり。洛南5人→34人→34人、洛星28人→56人→66人、東大寺学園21人→38人→63人、甲陽学院32人→57人→56人。

 東大寺学園が87年から88年にかけて急増したのは、87年に「ダブル受験で先輩たちが東大に受かっている。ならば俺たちも東大を受けよう」と、これまで京都大だけを受験した生徒が東京大にどっと押しかけたからと、当時の教員が話してくれた。

 京都大合格者でも異変があった。灘高校が87年29人だったのが88年102人となり、京都大学合格高校で初めてトップに立っている。しかし、その多くが東京大に進んだ。

神童たちの行方

 東京大、京都大の併願可能な入試は、両大学にとっては入学者数が読み切れず、たまったものではなかった。ノーベル賞受賞者数では東京大を凌駕していた京都大にすれば、プライドをズタズタに傷つけられてしまった。東京大も京都大や他大学医学部に逃げられてしまう受験生が続出して入学者確保に右往左往して、追加合格者をバンバン出してプライドをかなぐり捨てることになった。

 大学入試の歴史において、この2年間はかなりのムチャを強いており、明らかに失政である。大学、高校関係者はみな怒り心頭に発していた。だれがこんなバカな設定をしたのかと。当然、早急に見直される。

 1989年から、東京大、京都大の試験日は事実上、同じ日程に調整され、ダブル合格はなくなった(京都大に合格後に入学手続きをせず、東京大受験は可能)。

 東京大、京都大ダブル合格から30年後。その天才、秀才ぶりは発揮されているだろうか。

(小林 哲夫)

あわせて読みたい

「灘高校」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。