記事
  • SmartFLASH
  • 2020年11月13日 15:43 (配信日時 11月13日 06:00)

年商8億円の西野亮廣が狙う次なるビジネス「音声」にSNSが沸騰

 キングコング・西野亮廣が、11月10日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で、年商8億円稼ぐビジネスについて語った。

 西野は絵本作家のほか、月額980円で参加できるオンラインサロンに国内最大の7万人を集めるなど多方面で活躍している。そんな西野に千鳥の大悟は、「捕まってないだけの詐欺師だと思っている」と辛辣な意見を飛ばす。

 だが、西野は「西野のやってることが怪しいと思っている感覚がヤバい。僕は怪しくない。僕は時代です。僕が令和です」と主張。さらに「次に狙うべきネットビジネス」として「音声」をあげた。

 YouTubeなどの動画コンテンツは膨大にあり、「1日24時間が増えることはない。その空いてる時間をみんなで取り合っている」とレッドオーシャンになっているという。

 だが、「空いてるのは耳。歌なのか漫才なのかテレビなのか。そこ(耳)はまだ空いてる」と「ながら聞き」ができる音声コンテンツに成長を感じているという。

 その話に大悟は「すぐに行動に移した方がええよな。わし、もう明日『イヤー』って会社作る」と乗り気だった。

 大悟も魅了した西野の持論に、SNSにはさまざまな意見が書き込まれた。

《西野さんが言ってたようにこれからは音声メディアによる可処分時間の奪い合いですね。 もう視覚の方はネットフリックスやインスタとかに消費して可処分時間ないですもんね》

《キンコンの西野さんはなんでYouTubeチャンネルでラジオと配信しかしないのかなと思ってたけど、今日テレビで「忙しい人はもう目の時間は空いてないからこれからは耳の時間を狙った音声メディアがくる」って言ってて納得した。エンタメの力もだけどビジネスの才能と人に面白く伝える才能がすごいよな》

《西野さんのこと捕まってないだけの詐欺師呼ばわりする大悟素晴らしいなw 詐欺師も同じ喋り方するけど詐欺行為してないだけって感じw 詐欺師はその先で騙してるけど どっちかというと宗教ぽさがあるかな?》

「西野さんは音声メディアVoicyに注目し、株主にまでなっています。Voicyで配信もおこない、『音声は、テレビや動画よりもお客さんとの距離が近く、共創関係を作るメディアとしてとても優秀』とその可能性に期待しています」(芸能ライター)

 西野が原作・脚本・製作総指揮を務める映画『えんとつ町のプペル』は12月25日公開。もはや芸人の枠にとどまらない多彩な活躍をしている。

あわせて読みたい

「西野亮廣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。