記事

大学の人事とスケジュール(2.5)

テレビを見ていたら岡田克也・副総理が「なぜ認可前に校舎の整備が始まっているのか」という趣旨の発言をしており、また田中真紀子・文科相は今日の記者会見で「(認可が決まった段階で)既に建物が出来ているのはおかしい。誰かが事前に情報を流しているのでしょう」と発言したとのこと(「肝心なこと言い忘れた...田中文科相、唐突な発表」Yomiuri Online)。わあすげえ、こいつら本物の馬鹿だ

あまりのことなので、これまでの話への補足を書く前に事実だけ確認しておくと、まず大学新設等の手続きについては「大学の設置等の認可の申請及び届出に係る手続等に関する規則」(平成18年文部科学省令12号)というもので規定されているところ、認可申請書に添付すべきものとされている書類(第2条1項)には「校地校舎等の図面」が含まれている。文部科学省の方で「大学の設置等に係る提出書類の作成の手引き」というものも公表されているのだが、それを見ると明記されている通りこれには(1)都道府県内における位置関係の図面、(2)最寄り駅からの距離や交通機関がわかる図面、(3)校舎・運動場等の配置図、(4)校舎の平面図がすべて含まれる。また、申請時に校地校舎が未整備の場合、造成・整備・建築に「着手したものについてはその工程表を,未着手のものについてはその工事計画を校地校舎等の図面の最後に添付」することが求められている。つまり少なくとも現行制度上は申請時点で校地が確定しており、そこに建設される校舎についても新設時点までに間違いなく工事等が終わっているレベルで準備が進んでいることが前提になっている。

というかその、越後交通グループには建設業者もありましたよねえとか角栄さん建設業出身だよねえとか言いたくなるわけであるが認可が出る10月末から工事に取り掛かって4月までに鉄筋の校舎が完成するかどうか考えろよという話ではあろう(田中真紀子氏に何かを言うことに意味があると思いますかというツッコミは却下)。制度的な仕組みがまったく理解できていないので、未認可の大学の校舎整備などが進んでいるという話を聞いて官僚との癒着と勘違いしてキレた、というのがおそらくは実態なのでしょうな。

なお岡田克也氏については、ああこいつ役所にいた12年で何も勉強しなかったんだなという感想です。まあ国家公務員法を知らなかったと堂々と発言された方なので、もうどうでもいいけど。

あわせて読みたい

「大学の人事とスケジュール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

  10. 10

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。