記事
  • ロイター

米CPI、10月は予想外の横ばい ガソリン下落


[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日発表した10月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月から横ばいとなり、予想の0.1%上昇を下回った。食品が緩やかに上昇したが、需給が緩む中でガソリンが下落した。

米連邦準備理事会(FRB)は、新型コロナウイルス危機によるリセッション(景気後退)からの回復支援に長期の超緩和政策を続ける見込みだが、これを正当化する内容になった。

9月の前月比は0.2%増だった。10月は前年比で1.2%上昇(予想は1.3%上昇)。9月の1.4%上昇から鈍化した。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数も10月は横ばい。前月は0.2%上昇だった。前年比は1.6%上昇で、9月の1.7%上昇から小幅に鈍化した。

帰属家賃は0.2%上昇。9月は0.1%上昇していた。医療費は0.4%下落した。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は9月に前年比1.5%上昇。10月のコアPCE価格指数は今月下旬に発表される。

オックスフォード・エコノミクスの米国担当チーフ金融エコノミスト、キャシー・ボストジャンシク氏は「供給不足が解消されつつある中で、総需要の低迷がインフレ率を抑制するだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。