記事

若年がん患者の卵子凍結等への支援、不育症への支援等を総理に要望

自民党「不妊治療への支援拡充を目指す議員連盟」で、菅総理に要望活動を行った。

要望内容は、

・不妊治療と仕事の両立のための休暇制度やフレックスタイム制の導入、これを推進する企業への支援措置。

・小児・AYA世代(15歳~39歳)のがん患者の方々の、治療に伴う妊娠する力の温存(卵子凍結等)への支援。

・不育症への支援。

について。

菅総理からは「全てやります」と満額のお返事を頂いた。

議連として政府全体と連携をしながらしっかりと制度設計を行って実現していきたい。

『若年がん患者への不妊治療支援を 自民議連が首相に要望』(共同)

https://this.kiji.is/699437675917214817?c=39546741839462401

あわせて読みたい

「不妊治療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。