記事
  • ロイター

独シーメンス7─9月期、工業部門利益が予想上回る 来年の回復予想

[チューリヒ 12日 ロイター] - 独エンジニアリング・グループのシーメンス<SIEGn.DE>が発表した2020年度第4・四半期(2020年7─9月)決算は、工業部門が予想を上回る利益を上げた。シーメンスは、世界経済が新型コロナウイルス禍から徐々に回復するに伴い、来年は市場環境も改善すると予想した。

7─9月の利払い・税・無形固定資産償却前利益(EBITA)は26億4000万ユーロ(31億1000万ドル)で、同社が集計したアナリスト予想(19億8000万ユーロ)を上回った。

グループ売上高は153億1000万ユーロで、アナリスト予想(155億ユーロ)に届かなかったものの、受注は155億6000万ユーロで予想を超えた。グループ売上高、受注ともにコロナ禍の影響で、前年同期を下回った。

ケーザー最高経営責任者(CEO)は、7─9月は第4・四半期として「力強いフィニッシュ」だったと評価し、2021年度の純利益は世界経済の回復を背景に20年度の42億ユーロから小幅増加すると予想した。ケーザー氏にとって、今回が最後の決算となる。同氏は来年2月の株主総会までCEOにとどまるが、経営の采配はすでに10月から後任のローランド・ブッシュ副CEOに引き継いでいる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。