記事

“布団を叩く音もセックスの音かと…” 「セックス依存症」と診断されるまでの”ヤバい日々” 漫画家・津島隆太さんインタビュー#1――依存症体験を発信し続ける

1/2

 性的な行動に溺れる「セックス依存症」。正式には「性依存症(性的嗜癖行動)」や「強迫的性行動症」に分類される。過去にはタイガー・ウッズやビル・クリントン元大統領ら著名人が同依存症だと報道され、話題となった。

セックス依存症になりました。』(集英社)は、作者のセックス依存症と治療体験を基にした連載漫画だ。作者の津島隆太さんに、話を聞いた。(全2回の1回目。後編を読む)

聞き手・構成 ゆきどっぐ


©️杉山拓也/文藝春秋

「セックスが中心の人付き合いはもう嫌だ」

――セックス依存症に気が付いたきっかけは?

津島 4年ほど前に同棲していた15歳年下の彼女から、ハンマーとバリカンを持って襲われ、2時間ほど暴行を受けたことがきっかけでした。暴行の引き金は、私が元カノと連絡を取っているのが彼女にばれたからです。その後、彼女は家を出ていきました。

 私はショックから栄養ドリンクなどの飲み物しか胃が受け付けなくなり、不眠症に悩まされました。そうやって食べず眠らずの生活を2カ月ほど送っていると、布団を叩いたりする日常生活の音が、すべてセックスしているように感じられる幻覚と幻聴の症状が出たんです。

 当時の私は、それでも別の女性と関係を持とうとしていました。いわゆる、自分がコントロールできない「底つき状態」に陥っていたのです。

 そこで、「これは精神的におかしいな」と思って、病院に行きました。

――ご自分でもセックス依存症じゃないかと疑って病院を受診されたんですか?

津島 そうですね。ネット検索をして、「これはセックス依存症っぽいな」とあたりをつけていました。

 というのも、彼女から暴行を受ける前から、性に関しての問題行動があったんです。私は20歳くらいから様々な女性と性的な関係を持ってきました。それは「性的なことになると人が変わる」と女性から言われるような付き合い方で、セックスをすることで、人間関係が深まると錯覚していたんだと思います。

 だけど、暴行をきっかけに、「適当な人付き合いをするのはもう嫌だ」と思うようになりました。

――病院ではなんと言われましたか?

津島 診断結果は、性依存症(セックス依存症)。嗜癖(しへき)と言って、それぞれ依存する行動があるんですが、私の場合は名前の通り「セックス」に依存するタイプでした。

性欲とセックス依存症は別物

――セックス依存症って、どういう治療法があるんですか?

津島 漫画ではグループセラピーを中心に取り上げていますが、投薬治療ももちろんあります。うつ病などの治療に使う「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」は、副作用として勃起不全があるので、それを使うんです。

 私もうつ病の治療としてSSRIを服用していた時期がありました。勃起不全にもなったのですが、その頃が最もセックス依存症の症状が強く出たんです。だから、私の場合は投薬治療ではなくグループセラピーを中心に行いました。

――勃起不全に陥っても、依存行為がやめられないんですね。

津島 性欲とセックス依存症は別物です。勃起不全で性欲を抑えたからと言って、依存症が治るわけではないんです。

 そもそも、性欲は発散したら収まりますが、依存症は収まりません。依存症は、寂しさや承認欲求、幼いころの虐待経験などから、強迫観念的に「セックスをしないとおかしくなる」と思いこんでいるんです。

グループセラピー参加者は「大人しくて真面目そう」

――グループセラピーが治療の中心だったということですが、通ったきっかけは? 

津島 漫画のエピソードと少し違うんですが、私の場合は自助グループが実施するグループセラピーを病院から紹介されたのがきっかけです。

 グループセラピーの参加者は、性犯罪や不倫を止められない人がほとんどでした。私はどちらも犯していないから、最初は通うのに抵抗感がありましたね。そこに通ったら「自分はセックス依存症者だ」と周囲に言いふらしているような気がして、葛藤しました。

――実際に通われてみて、いかがでしたか?

津島 セックス依存症といえば性に奔放そうなチャラ男みたいな人を想像しがちですが、実際には大人しくて優しそうな、真面目な方が多くて驚きました。

 通っている最中は、嗜癖であるセックスから抜け出すために、セックスだけでなく自慰行為もやめていました。漫画では「ブラザーシップ」という名称で紹介していますが、自助グループの先輩に個人的に相談する「スポンサーシップ」があって、辛くなるとその方に相談していましたね。

 漫画連載が始まってからは、「作品に描かれるんじゃないか」と参加者を不安にさせてしまう可能性があるので、セラピーに通っていません。それでも、連載前に1年半以上は通いました。

――参加者には女性もいるんですか?

津島 いますよ。グループセラピーは10人前後が集まっていて、男女比がおよそ9対1くらい。

 女性だけで行うグループセラピーもあるのですが、参加人数が少ないので運営が難しいらしいです。

あわせて読みたい

「依存症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  8. 8

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。