記事

復興予算の「流用問題」が示唆すること。

この臨時国会から、決算行政監視委員会に所属することになりました。この委員会は、予算の使われ方などをチェックする委員会で、地味ですが、政府のお金の使い方を監視する重要な委員会です。

今国会における、この委員会の最大のテーマは、何と言っても、復興予算が被災地以外に使われていると指摘されている問題にどう対応するかです。

興予算の編成、とりわけ23年度の第3次補正予算の編成の際には、私自身も編成過程にかかわった経緯があるので、その過程をよく覚えています。

当初の政府案は、復興予算は被災地のみに使われる内容でした。

しかし、「復興基本方針」や「復興基本法」の検討過程で、復興予算は法人税、所得税、個人住民税の増税によって、全国の納税者に負担をお願いするのだから、その使途についても、一部は、被災地以外でも使えるようにすべきだとの意見が、野党側からも数多く出されました。

ねじれ国会の下では、野党の意見をとり入れなければ、法律も予算もとおりません。そこで、政府・与党としては、「全国防災」などのカテゴリーを設けて、復興予算の一部が、被災地以外にも使えるような形に法案を修正したわけです。

*「全国防災」とは、「東日本大震災を教訓として、全国的に緊急に実施する必要性が高く、即効性のある防災、減災等のための施策」(復興基本方針)

復興費用は10年間で23兆円、そして、前半の5年間で19兆円が必要との前提で、必要な増税額等を計算しています。しかし、現在、編成作業が進んでいる25年度予算要求を、仮に全部認めれば、復興予算は20.5兆円に達する見込みで、3年目にして、すでに19兆円を突破してしまいます。

このままでは、予定よりも早く、追加の増税が必要になるか既存予算の見直しを行わなくてはなりません。私は、そんなことをするくらいなら、復興予算の使い道を被災地に限定し、被災地以外での「流用」を止めるべきだと思います。

そして、予算の使われ方をチェックする一義的責任が政府にあることは言うまでもありませんが、復興予算の成立過程を考えれば、この「流用問題」は、与野党議員の共同責任であり、その改善の責任も、国会に身を置く与野党の議員が、共同して負わなければならないと考えます。

具体的に言えば、与野党が協力して議員立法を提出し、「復興基本法」を改正して、復興予算の使途を被災地のみに限定するとの修正を施せば済む話です。時間的な制約はありますが、臨時国会中に改正法案を通すことも検討すべきです。

立法府としての責任を果たさずに、官僚批判だけを繰り返しているのでは、与野党ともに、官僚にバカにされるだけです。今、バッシングを受けている多くの官僚は思っているはずです。

「あんたたち議員がやれと言った」予算だろうと。

通常予算の編成が厳しい中、確かに、復興予算の「全国防災」等の仕組みは、各省庁にとって便利な「別財布」であることは間違いありません。その結果、正直、調子に乗り過ぎともいえる予算が紛れ込んでいるのも事実です。しかし、そのことを法律上許しているのは、私たち立法府に身を置く国会議員なのです。

間もなく、解散・総選挙が行われます。メディアでは、「民主党」、「自民党」、「第三極」のどこが勝つのか、といった論調ばかりですが、正直、私には、何か薄っぺらい議論に聞こえます。

所属政党にかかわらず、予算や法律について精通し、国民のために働く意思と能力をもった政治家を選んでもらわないかぎり、状況は少しも改善しないと思うからです。

官僚組織の代弁者である自民党か。 官僚組織を使いこなせない民主党か。 官僚を敵視する第三極か。

こんな不幸な選択をしなければならない選挙は、結果として、政治不信を助長するだけです。

官僚の言いなりになったり、単に敵対するのではなく、彼らの力を、“国民のために”うまく引き出せる政治家を、それぞれの選挙区で選んでいただくことでしか、日本の政治は変わっていかないと思います。

そんな新しい政治(家)選択の必要性を、今回の「流用問題」は示唆しているように感じます。

あわせて読みたい

「復興予算」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  6. 6

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  7. 7

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  8. 8

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。