記事

すかいらーくHD 再上場後、初めての赤字転落へ、200店の閉店も計画

 ファミリーレストラン「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などを展開する(株)すかいらーくホールディングス(TSR企業コード:298648857、武蔵野市、東証1部)は11月12日、2020年12月期(連結)の純利益が150億円の赤字になりそうだと発表した。新型コロナの影響重く、2014年の再上場後、初の純利益が赤字になる見通しだ。

 同日、2021年末までに不採算店舗など約200店を閉店することも発表した。

 すかいらーくHDの2020年12月期(連結)の業績予想は、売上高2,930億円(前年比21.9%減)、営業利益200億円の赤字(前年205億6,200万円の黒字)、純利益150億円の赤字(同94億8,700万円の黒字)と減収赤字転落を見込む。

 とくに第2四半期(4-6月)はリモートワークなどで都心エリアの落ち込みが大きかった。テイクアウトの強化や「Go To Eat」キャンペーンを実施し、収益改善を目指す。

 同日発表した2020年1-9月(連結)は売上高2,135億6,300万円(前年同期比25.1%減)、営業利益211億4,300万円の赤字(前年同期199億9,500万円の黒字)、純利益146億2,400万円の赤字(同105億1,200万円の黒字)だった。

 すかいらーくHDによると、「現時点での2021年の見通しは、売上高3,100億円~3,200億円、営業利益100億円前後」を見込む。

 すかいらーくHDは、約2,800店で年末年始の営業時間を短縮する予定だ。ガストやバーミヤンなどは、大晦日18時閉店、元旦は11時~21時営業を計画している。従業員のワークライフバランスを重視しているほか、新型コロナによる深夜時間帯のニーズが減少する見込みのためという。

すかいらーくHDが展開するガスト(TSR撮影)

あわせて読みたい

「すかいらーく」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。