記事

すごいバブル高どう対処するか

株式市場はバブル高に弾みがついている。 おもしろいのは、ずっと出遅れていた日本株市場がピンポン玉のように上がっていること。

日本の機関投資家が「持たざるリスク、買っていない出遅れ感」とかで、ワッと買ってくるときは往々にして上昇相場の最終段階を示唆する。

皮肉を言っているのではない。 ああだこうだと理屈をつけて、いつも買わない理由を並べているのが、日本の機関投資家である。

そして、いよいよ出遅れ感でいたたまれなくなって、横並び買いに出てくるのは、いつも最後の段階となる。

株高の理由というか、ここまで買い上がる根拠は、世界的なカネ余りを挙げる以外に、なにもない。

もちろん、株高は将来の企業動向や経済発展を先取りするという先行指標性を持っている。

その意味では、GAFAとかテスラといった企業の株が爆買いされているのは、さもありなんとも言えよう。

とはいえ、いくら何でもというほどまでに買い上げられているのも事実である。

1969年代後半から70年代初めにかけて、ニフティフィフティ相場というのが米国株市場を大いに賑わせた。

米国経済のパラダイム変化だ、新旧交代だとかで、これからの米国経済を支えていくだろう新興50社の株式が、すさまじい集中買いで吹っ飛んでいった。

現在のGAFAとかテスラ株は、まさにあの当時のニフティフィフティ相場の再現である。

で、その結末は? あれだけ騒がれた50社のうち、現存しているのは22社にすぎない。

その前に、ニフティフィフティ相場が崩れたときは、悲惨そのものだった。

まあ、この先どうなるかは神のみぞ知るのところ。 はっきりしているのは、ずいぶんと高値をすっ飛んでいるということだ。

さらなる上値追いよりも、どこかで崩れる方が勝るのではないだろうか。

ともあれ、われわれ長期投資家はここまでずいぶんと暴落買いをしてきた。 いまさら、買ってないリスクとかで慌て買いする必要は、さらさらない。

むしろ、暴落を想定して、その時でも慌てないどころか攻めに入れるポートフォリオを構築しておくだけのこと。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  9. 9

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。