記事

電通が導入、一部社員を個人事業主にする新制度に賛否 「長時間残業が悪化する」

電通が2021年から一部の正社員の契約を業務委託に切り替え、「個人事業主」として業務に当たる制度をスタートすることを日本経済新聞が伝えている。全ての職種の40代以上の社員約2800人を対象に募集し、1月から約230人を切り替えるという。

BLOGOS編集部

報道によると、この制度を適用された社員は、電通を早期退職し新会社と10年間の業務委託契約を結ぶ。電通での給与から設定された固定報酬のほか、業務で生じた利益に応じたインセンティブも支払われるとのことだ。

電通が導入したこの制度をめぐり、SNS上でも様々な声が上がっている。広告業界などクリエイティブな業務に携わる人などからは、先進的な働き方のモデルとして肯定的な声のほか、働く側にとってチャンスと見る反応が目立った。

一方で、立場が個人事業主に変わることで労働者として守られなくなると危惧する声も見られる。

衆議院議員の宮本徹氏は、実際には会社の指揮監督下にある「名ばかり個人事業主」が広がっていることを指摘し、個人事業主が不利であるとツイートしている。

ほかにも「個人事業主という言葉に騙されてはいけない」といった声や、同社が過去に違法残業で事件化していることを念頭に「長時間残業が悪化する」「何百時間残業しても電通には関係がなくなってしまう」といった指摘もあった。

国内では、健康機器メーカーのタニタが2017年から同様の制度を設けている。希望する社員はタニタと業務委託契約を結んだ上で、独立直前まで取り組んでいた仕事を「基本業務」として受託。社員時代の給与をベースに基本報酬を決め、追加業務を請け負った場合は成果報酬を受け取ることになっている。

あわせて読みたい

「電通」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。