記事

アメリカ大統領選挙が日本並みに「一票の格差」がひどい歴史的理由

1/2

さて大激戦のアメリカ大統領選挙でありますが、いよいよ投票日を迎えました。

サンケイ新聞記事によれば、選挙分析に詳しい政治評論家のチャーリー・クック氏は、ロムニー氏の全米での得票率がオバマ氏を上回る可能性について「五分五分だ」としながらも、「獲得選挙人数ではオバマ氏が上回るだろう」とし、最終的にオバマ氏が接戦を制するとの見方を示しています。

オバマ氏、僅差で再選かオハイオ落とせばロムニー氏終幕も

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121104/amr12110411480004-n1.htm

うーむ、例えロムニー氏の得票率がオバマ氏を上回っても獲得選挙人数では下回るだろうとのことですが、なんでこんなにややこしいことになるかといえば、アメリカ大統領選挙は直接選挙ではなく、1ヵ月後に行われる正式な大統領選挙の投票権を有する、各州で人数枠が決められてる全米総数538人の「選挙人」なる者達の取り合いなのであるからなのであります。

2州を除いてほとんどの州が勝った候補がその州の「選挙人枠」を総取りとなります、で獲得選挙人数が過半数の270人に達すれば勝利と言うことなんですが、この各州に割り当てられる「選挙人枠」なるものがけっこう一票の格差があって結果的に

「得票率が上回っても獲得選挙人数では下回る」というけったいな現象が発生することもあるわけです。

このアメリカ大統領選挙の複雑なカラクリを理解すれば、実は連邦国家アメリカの選挙制度全体の考え方が理解できます。

そこで今回はアメリカ大統領選挙の「選挙人」の各州枠組みについて徹底検証しましょう。

大統領選挙の「選挙人」の各州枠組みについて理解するには、アメリカの上下議会議員選挙について検証するところから始める必要があります。

・・・

■徹底的に有権者の権利を守る下院議員選挙〜「一票の格差」是正を最重視して定期的にフラットにする法的装置を備えた下院

日本の衆議院にあたるアメリカ議会の第一院は合衆国代議院(United States House of Representatives)、通称下院であり議席数は435で、各州に対して人口比率に応じて配分されています。

下院の435議席は、10年に1度の国勢調査によって決定される人口に基づき厳密に50州に再配分されることを繰り返しています。

現在では、アラスカ・サウスダコタ・デラウェア・ノースダコタ・バーモント・モンタナ・ワイオミングの各州の州選出定員が各1名で最少、カリフォルニア州が最多で州選出定員54名となっています。

「一票の格差」是正を最重視して定期的にフラットにする法的装置を備えており、徹底的に「有権者の権利の平等」を保持し続ける哲学に基き制度化されているわけです。

結果、各州の議員数、議員一人当たり人口、一票の格差は下表のとおりになります。

州名人口下院議員人数議員一人当たり人口一票の格差
Rhode Island(ロードアイランド州)10532092526604.51
Wyoming(ワイオミング州)54427015442701.03
Nebraska(ネブラスカ州)179661935988731.14
West Virginia(ウェストバージニア州)18197773606592.31.15
Vermont(バーモント州)62176016217601.18
North Dakota(ノースダコタ州)64684416468441.23
Hawaii(ハワイ州)129517826475891.23
South Carolina(サウスカロライナ州)456124276516061.24
Minnesota(ミネソタ州)52662148658276.81.25
Maine(メイン州)13183012659150.51.25
Nevada(ネバダ州)26430854660771.31.25
New Hampshire(ニューハンプシャー州)13245752662287.51.26
Washington(ワシントン州)666419510666419.51.27
New Mexico(ニューメキシコ州)20096713669890.31.27
Alabama(アラバマ州)47087087672672.61.28
Florida(フロリダ州)1853796927686591.41.30
Texas(テキサス州)2478230236688397.31.31
Utah(ユタ州)278457246961431.32
California(カリフォルニア州)3696166453697389.91.32
Alaska(アラスカ州)69847316984731.33
Tennessee(テネシー州)62962549699583.81.33
Georgia(ジョージア州)982921114702086.51.33
Connecticut(コネチカット州)35182885703657.61.34
Kansas(カンザス州)28187474704686.81.34
Wisconsin(ウィスコンシン州)56547748706846.81.34
Michigan(ミシガン州)996972714712123.35711.35
Maryland(メリーランド州)56994788712434.81.35
Indiana(インディアナ州)64231139713679.21.36
Virginia(バージニア州)788259011716599.11.36
Illinois(イリノイ州)1291040918717244.91.36
Colorado(コロラド州)50247487717821.11.36
Kentucky(ケンタッキー州)43141136719018.81.37
Ohio(オハイオ州)1154264516721415.31.37
North Carolina(ノースカロライナ州)938088413721606.51.37
Arkansas(アーカンソー州)28894504722362.51.37
New York(ニューヨーク州)1954145327723757.51.37
New Jersey(ニュージャージー州)870773912725644.91.38
Massachusetts(マサチューセッツ州)65935879732620.81.39
Arizona(アリゾナ州)65957789732864.21.39
Oklahoma(オクラホマ州)368705057374101.40
Mississippi(ミシシッピ州)295199647379991.40
Pennsylvania(ペンシルベニア州)1260476717741456.91.41
Missouri(ミズーリ州)59875808748447.51.42
Louisiana(ルイジアナ州)44920766748679.31.42
Iowa(アイオワ州)300785647519641.43
Oregon(オレゴン州)38256575765131.41.45
Idaho(アイダホ州)15458012772900.51.47
South Dakota(サウスダコタ州)81238318123831.54
Delaware(デラウェア州)88512218851221.68
Montana(モンタナ州)97498919749891.85

ご覧のとおり議員一人当たりの人口は最小のロードアイランド州と最大のモンタナ州で1.85倍と、2倍以内に抑えられているわけです。

リンク先を見る

・・・

■徹底的に「州の権利平等」を優先する上院議員選挙〜「コネチカットの妥協」以来200年以上続く連邦国家アメリカを支える上院

日本の参議院にあたるアメリカ議会の第二院は合衆国元老院(United States Senate)、通称上院であり議席数は100で、50の州に対して2議席づつ平等に配分されています。

なぜ上院がこのような各州固定制を採用したのかは、これは建国当初に人口の多い州と少ない州で対立する利害を調整するためにコネチカット州の提案により生み出された策で、「コネチカットの妥協」(Connecticut Compromise)とか「大妥協」(Great Compromise)と呼ばれています。

Connecticut Compromise

From Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Connecticut_Compromise

1787年にこの妥協が成立して以来200年以上、アメリカ上院では各州の平等が守られてきたのです。

それはこの「州の権利平等」を優先する上院の存在が、それこそ州の連合体である連邦国家アメリカ合衆国の政治には欠くことのできない機関であったことを示しています。

現在でもアメリカ下院では各議員は、ときに小選挙区単位の地域利権誘導は見られますが、広範な国の政策について各委員会を通じて議論が活発に行われていますが、上院ではときに各議員は州代表として各州の利益代弁者として主張することがしばしばみられます、メディアも国民もそれを当然のことと肯定的に捉えています。

有権者「一票の格差」というものさしで計ると、人口の多い州と少ない州では当然ながらメチャクチャな格差が生じてしまいます。

州名人口上院議員人数議員一人当たり人口一票の格差
Wyoming(ワイオミング州)54427022721351
Vermont(バーモント州)62176023108801.14
North Dakota(ノースダコタ州)64684423234221.19
Alaska(アラスカ州)6984732349236.51.28
South Dakota(サウスダコタ州)8123832406191.51.49
Delaware(デラウェア州)88512224425611.63
Montana(モンタナ州)9749892487494.51.79
Rhode Island(ロードアイランド州)10532092526604.51.94
Hawaii(ハワイ州)129517826475892.38
Maine(メイン州)13183012659150.52.42
New Hampshire(ニューハンプシャー州)13245752662287.52.43
Idaho(アイダホ州)15458012772900.52.84
Nebraska(ネブラスカ州)17966192898309.53.30
West Virginia(ウェストバージニア州)18197772909888.53.34
New Mexico(ニューメキシコ州)200967121004835.53.69
Nevada(ネバダ州)264308521321542.54.86
Utah(ユタ州)2784572213922865.12
Kansas(カンザス州)281874721409373.55.19
Arkansas(アーカンソー州)2889450214447255.31
Mississippi(ミシシッピ州)2951996214759985.42
Iowa(アイオワ州)3007856215039285.53
Connecticut(コネチカット州)3518288217591446.46
Oklahoma(オクラホマ州)3687050218435256.77
Oregon(オレゴン州)382565721912828.57.03
Kentucky(ケンタッキー州)431411322157056.57.93
Louisiana(ルイジアナ州)4492076222460388.25
South Carolina(サウスカロライナ州)4561242222806218.38
Alabama(アラバマ州)4708708223543548.65
Colorado(コロラド州)5024748225123749.23
Minnesota(ミネソタ州)5266214226331079.68
Wisconsin(ウィスコンシン州)56547742282738710.39
Maryland(メリーランド州)56994782284973910.47
Missouri(ミズーリ州)59875802299379011.00
Tennessee(テネシー州)62962542314812711.57
Indiana(インディアナ州)642311323211556.511.80
Massachusetts(マサチューセッツ州)659358723296793.512.11
Arizona(アリゾナ州)65957782329788912.12
Washington(ワシントン州)666419523332097.512.24
Virginia(バージニア州)78825902394129514.48
New Jersey(ニュージャージー州)870773924353869.516.00
North Carolina(ノースカロライナ州)93808842469044217.24
Georgia(ジョージア州)982921124914605.518.06
Michigan(ミシガン州)996972724984863.518.32
Ohio(オハイオ州)1154264525771322.521.21
Pennsylvania(ペンシルベニア州)1260476726302383.523.16
Illinois(イリノイ州)1291040926455204.523.72
Florida(フロリダ州)1853796929268984.534.06
New York(ニューヨーク州)1954145329770726.535.90
Texas(テキサス州)2478230221239115145.53
California(カリフォルニア州)3696166421848083267.91

ご覧のとおり議員一人当たりの人口は最小のワイオミング州と最大のカリフォルニア州ではなんと67.91倍となります。

リンク先を見る

■妥協の産物だったアメリカ大統領選挙の「選挙人」制度〜実は日本の参議院選挙並みに「一票の格差」が生じているアメリカ大統領選挙

さて、最後にアメリカ大統領選挙の「選挙人」538人の内訳ですが、各州の選挙人枠は「各州の上院議員数+下院議員数」(総数100+435=535人)と、首都であるワシントン特別区3人で構成されています。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。