記事
  • ロイター

原油先物上昇、OPECプラスの増産見送り観測で


[メルボルン 12日 ロイター] - 12日のアジア時間序盤の原油先物は上昇し、今週の上昇率は12%超となった。新型コロナウイルスの感染者急増で燃料需要が冷え込む中、石油輸出国機構(OPEC) 加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が、増産計画を見送るとの観測が広がっている。

アルジェリアのエネルギー相は11日、OPECプラスは日量770万バレルの現行の減産を2021年も延長する可能性があるとし、必要であれば減産幅をさらに拡大することもありうるとの認識を示した。

需要の先行き見通しが弱含む中、OPECプラスには、来年1月に予定している日量200万バレルの増産を見送るよう圧力が高まっており、アナリストによると市場は増産見送りを織り込みつつあるという。

0130GMT(日本時間午前10時半)現在、米WTI原油先物<CLc1>0.35ドル(0.8%)高の1バレル=41.80ドル。北海ブレント先物<LCOc1>は0.31ドル(0.7%)高の同44.11ドルで推移している。

原油先物は今週、新型コロナのワクチンを巡る期待感で急伸した。ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のコモディティー調査責任者、ラックラン・ショー氏は「間違いなくすばらしいニュースだが、ワクチンが実際に出回るまでには時間がかかり、需要に好影響が及ぶのにも時間がかかる」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。