記事

「中目黒に住む理由はない」月8万円の"住むサブスク"で全国を転々とする女性の生き方

1/2

場所にとらわれない働き方が広まりつつある。今年5月まで中目黒のマンションに住んでいた小林未歩さんは、コロナ禍を機に全国を転々としながら働くことを選択した。日経クロステック副編集長の島津翔さんが取材した――。

※本稿は、島津翔『さよならオフィス』(日経プレミアシリーズ)の一部を再編集したものです。

コンピュータで作業している女性
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/DragonImages

「私、何でここに住んでいるんだろう」

企業が働き方の模索を続ける中、個人は一足先にニューノーマルに移っている。

取材した事例は「突飛(とっぴ)な働き方」に映るかもしれない。

ただ、場所から解放された私たちは、これまでの前提にとらわれずに働けるはずだ。

一方で、自宅とオフィスに次ぐ「第3の拠点」が不足する事実も見えてきた。

「私、何でここに住んでいるんだろう」

小林未歩さんがこう思い始めたのは、緊急事態宣言が発令されて数週間たった2020年5月のことだった。小林さんは、ホテル・旅館のコンサルティングや運営を手掛ける温故知新(東京都新宿区)で、ホテル関連の企画を担当する。当時、東京・中目黒のマンションに住んでいた。間取りは1Kで、人気エリアの駅近物件。家賃は10万円を超えていたが、オフィスにも近いことや友人との食事、買い物などに便利だったことが、そのマンションに住んでいた理由だった。

新型コロナで、その理由の大半が消えてなくなった。

緊急事態宣言に伴う外出自粛によって、仕事は完全在宅勤務になった。友人と食事する機会はなくなった。電車にも乗らないので駅近のメリットもほとんどない。「家とスーパーマーケットを往復している日々だった」。小林さんはこう振り返る。

「月額8万2000円で泊まり放題」のサービスに申し込んだ

もともと、自然の中で暮らしたいというアウトドア志向。狭い家の中で息が詰まりそうになった。

「もう東京に住んでいる理由はない。浮いたお金を自分に投資しよう」。5月下旬に賃貸契約の解約を申し出た。

実際の退去は7月。それまでの間で、これからどのように暮らしていくか考えた。シェアハウスか、郊外の賃貸住宅か。幸い、出身は神奈川県川崎市だ。いざとなれば実家に戻ればいい。気楽にWebで調べていると、あるサービスのキャッチコピーが目に留まった。

「世界を旅して働こう」

思わずクリックした。小林さんは本業の温故知新に加えて、フリーランスとして全国各地で観光関連のコンサルティングや地方創生の企画も手掛ける。「旅して働く」というのは自分にぴったりの暮らし方に思えた。

「HafH(ハフ)」。サブスクリプション方式(商品やサービスを購入するのではなく一定期間の利用権に対して月額などで料金を支払う方式)で世界中のホテルなどに“住める”サービスだ。泊まり放題で月額8万2000円(税込み)。「安くはない」と思ったが、現在のマンションの家賃と比較するとお釣りが来た。

私は定住場所をなくすことはできないと思う

緊急事態宣言が解除された後も、小林さんの働き方はほぼテレワークになった。「これなら全国を転々としながらでも働ける」。そう考えてHafHの利用を決めた。7月に中目黒のマンションを引き払い、利用頻度の低い荷物を実家に運び入れた。数日暮らせる分の荷物をバックパックに詰め込んで、新しい世界に飛び出した。

プールに旅行バッグとサングラス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/thebigland88

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。