記事
  • ロイター

ファイザーのワクチン、発展途上国への供給体制が課題=ファウチ氏


[11日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は11日、米製薬大手ファイザー<PFE.N>とドイツ製薬ベンチャーのビオンテック<BNTX.O>が共同開発する新型コロナウイルスの予防ワクチンについて、保管に超低温の温度管理が必要なため、発展途上国への供給体制が大きな課題になるとの認識を示した。

ファイザーとビオンテックは9日、開発中の新型コロナワクチンの臨床試験(治験)で有効性が9割に達したと公表した。

ただ、このワクチン候補は「メッセンジャーRNA(mRNA)」という免疫システムに働きかける物質を使っており、セ氏マイナス70度程度での保管が必要。

ファウチ氏は、フィナンシャル・タイムズ紙が主催した医薬品・バイオ技術関連の会合で、超低温での輸送や保管という点で課題があると指摘し、「この問題への対応は英国や米国では簡単ではないが可能だ。ただ、発展途上国では恐らくずっと難しくなる」と述べ、発展途上国への供給体制への懸念を示した。

米バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>が開発中のワクチンもmRNAを使っており、セ氏マイナス20度で保管する必要がある。

ファウチ氏は「こうした理由から、われわれは計画をまとめる際に、ワクチンプラットフォームと呼ばれるものを多様化したいと考えている。mRNAだけではない。米国では3つの個別のプラットフォームが検討されている」と説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。