記事

ようやく国民投票法改正法案審議の環境が整ったようだ

大阪都構想住民投票を経験したばかりなので、国民投票法の改正を議論するうえで、今は絶好の時期だと言ってもいい。

幸いに、立憲民主党の国対も国民投票法改正法案の審議には前向きだそうだ。

何故そうなったのか理由が分からないが、これまで憲法改正に結びつくから審議入りを断固拒否する、などと言っていた立憲民主党が態度を改め、国民投票法改正法案の審議入りに同意するのであれば、それなりに充実した審議が期待出来るはずだ。

自民党が提案する国民投票法改正法案にはいくつか欠陥がありそうなので、今般の国民投票法改正法案の審議にあたっては、大阪都構想住民投票のみならず、諸外国における国民投票制度の実情なども参考にして、より良い国民投票法改正法をなんとか実現していただきたいものである。

各政党が党利党略を乗り越え、真に国民の立場に立って真摯に議論をすれば、それなりの合意が獲得出来るはずだと私は思っている。

案ずるより産むは易し、という言葉もある。

長らく休眠状態だった憲法審査会がようやく動き出すというのは、やはり歓迎すべきことである。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。