記事
  • ロイター

北海ブレント先物、一時45ドル台 ワクチン期待などで


[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は、北海ブレントが一時1バレル=45ドルを上回り、2カ月超ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスワクチンへの期待などが背景。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が0.19ドル(0.4%)高の43.80ドル。一時は45.30ドルまで上げた。45ドル台を付けるのは9月初旬以来。

米WTI<CLc1>は0.09ドル高の41.45ドル。一時は43.06ドルを付けた。

米製薬ファイザー<PFE.N>が開発するコロナワクチンの臨床試験で90%以上の有効性が確認されたことを受け、今週は北海ブレントとWTIの両先物が約11%上昇。

ただ、新型コロナ感染拡大への懸念がなお市場の重しで、みずほのエネルギー先物部門責任者、ボブ・ヤウガー氏は「感染者の最多更新は人々を現実に引き戻すには十分だ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。