記事

東北セミボラ企画に参加して考える、被災地の復興は終わるどころか始まってさえいない場所もあるという現実。

1/2

 先月、Web広告研究会で開催された第三回東北セミボラ企画に参加させて頂きました。

リンク先を見る

 東北セミボラとは東北のいまの復興(ボラ)とこれからの復興(セミ)のため、セミナーとボランティア活動を行うというWeb研が作った造語。
 ボランティアだけでは何となく行きづらいという私のような優柔不断な人間に用意された企画と言っても過言ではない、ということで、今回タイミングが合ったので思い切って申し込みました。

 何しろWeb広告研究会が主催名だけあってセミナーの講師も超豪華。
 ad:tech Tokyoで締めの基調講演をしていたヤフーの宮坂社長が基調講演を行い、HTML5のパネルディスカッションに、プロデューサーの藤井 雅俊さんの町おこし講演まで、普通に東京でやっている通常のセミナーより豪華と言っても失礼ではない構成になっています。

リンク先を見る

 で、私自身は実は打ち合わせの関係でセミナーには全く参加できず、懇親会から参加のセミボラならぬノミボラになってしまったわけですが。
 セミナーの翌日に実施されたボランティアで感じた感想を、こちらにメモしておきたいと思います。


 今更ながらの告白になりますが、私自身は東日本大震災の後、一回も被災地に足を運んでいませんでした。
 周りのボランティアに参加した人に勧められたこともあり、行こうかどうか何度か悩んだのですが、結局なんとなく流されるままに行かずに済ましてしまい、気がついたら1年半以上たってしまっていたというのが正直なところです。

 震災の直後こそ、下記のようなブログを書き、震災関連の情報サイトの集約に努めたりもしましたし。

震災で大変なこんな時だからこそ、自分は自分のできること、継続できることに注力しようと思います。
 
 今年の3月には「震災復興支援サービス大賞」なる企画の運営事務局もさせて頂きました。

震災からの復興に、ソーシャルメディアやネットを通じて個人で貢献できることはまだまだあるはず
リンク先を見る

 ただ、何となく自分のできることというのはソーシャルメディア周辺による支援だから、現地に行かなくてもソーシャルメディア経由で支援すれば良いんだ、と自分に言い聞かせていたところがあるのも正直なところ。
 そんなこんなで気がついたら1年半も経ってしまうんですから人間の意識というのは恐ろしいものです。

 震災復興支援サービス大賞の時にも、さんざん様々な人から復興は終わっていない、震災は終わっていないという発言を耳にしたにもかかわらず、自分の中ではそうは言ってもある程度目処はついているんだろうと、勝手に思っていました。
 いや、自分のために、そう思い込もうとしていただけかもしれません。


 今回私が参加したボランティアは、東松島市宮戸にある大浜海水浴場のゴミ拾いでした。
 まず集合地点となっていた野蒜駅が、未だに廃駅となっていて津波に倒された電柱がそのまま残っていたり、大浜への道沿いに廃墟と化したままの中学校があったり、海岸沿いに大量のがれきがつんであったりという光景だけでも、津波のすさまじさを感じることはできたのですが。

リンク先を見る

 私が一番ショックを感じたのは、その後。
 その日、とても天気が良かったのもあり、大浜に行くまでの道すがらの景色は実にのんびりしたものでした。

 松島を構成する小高い山々と、その間にある広い原っぱ。
 実にのんびりした良い原っぱだなぁなどと勝手に思っていたんですが。

 後で聞いてショックだったのは、実はその原っぱのほとんどが、もともとは家があったところだった、と言う点です。

 大浜は地元でも人気の海水浴場だったそうで、道沿いには一般的な海水浴場の近くにありがちな民宿だとか、海の家だとかがあったそうなんですが、その一帯の家々は基礎を残してほとんどが流されてしまったり半壊してしまい、取り壊され、後には空き地だけが残り、そこに一年半の間に草が生えて原っぱになった、ということなんです。
 確かに冷静に考えたらもともとは松島周辺の山道の中なわけで、道沿いにキレイに原っぱばかりがあるのは不自然なんですよね。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。