記事

「バイデン大統領」で朝鮮半島に迫られる「新戦略」(上)- 平井久志

1/2
バイデン次期大統領は、米国の朝鮮半島政策を大きく変える可能性が (C)AFP=時事

 米大統領選挙は大接戦の末、民主党のジョー・バイデン候補が11月7日(日本時間8日)、勝利宣言を行い、当選を確実にした。ドナルド・トランプ大統領は開票の中止や票の無効を訴えているが、不正の具体的な根拠はなく、バイデン勝利は動かないだろう。

 一方、国際社会の中で、自国の運命を決める選挙のように緊張して見つめていたのは、韓国と北朝鮮だろう。米大統領選挙の帰趨が、朝鮮半島情勢に直接的な影響を与えるからだ。

 バイデン次期政権は内外政策で協調と和解の方向を目指すことになるだろうが、朝鮮半島では北朝鮮との対立が激化する可能性がある。韓国も北朝鮮も、バイデン新政権誕生で新たな生存戦略を求められている。

「沈黙」してきた北朝鮮

 おそらく、世界の中で、最もトランプ大統領の再選を願っていた国は北朝鮮であろう。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は、今年7月10日に出した対米関係についての談話を、

「(金正恩)委員長同志は、トランプ大統領の活動で必ずよい成果があることを祈願するとの自身のあいさつを伝えるようにと述べた」

 という言葉で締めくくり、金党委員長がトランプ大統領の再選を願っているというメッセージを送った。

 北朝鮮は、昨年2月のハノイでの米朝首脳会談が決裂して以来、

「米国が敵視政策を追求するなら非核化は永遠にない」

「間もなく世界は新しい戦略兵器を目撃するだろう」(いずれも2019年12月の党中央委第7期第5回総会での金党委員長の発言)

 などと警告を発してきたが、米国に対する軍事挑発を控えてきた。それはトランプ大統領の再選があるだろうという「期待」からだった。

 しかし、北朝鮮はバイデン米大統領誕生という新しい現実に立ち向かわなければならない。

文大統領はトランプ当選を期待したが

 一方『ニューヨーク・タイムズ』は10月31日、米大統領選挙に対する韓国の反応について、

「韓国政府はトランプ、国民はバイデンを支持」

 と報じ、

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米朝関係改善を目指すトランプ大統領のトップダウン方式を支持しているが、韓国民はトランプ大統領が金党委員長に秋波を送ることにうんざりしている」

 とした。

 残り任期1年数カ月となった文大統領は、最近の冷え切った朝鮮半島情勢を無視して「終戦宣言」を提案するなど、朝鮮半島の平和について業績を残そうと必死だ。北朝鮮がトランプ大統領とのトップダウン方式の首脳会談を望んでいることもあり、文大統領はトランプ再選を願っただろう。

 だが、多くの韓国民はトランプ大統領の自分勝手な手法にうんざりしていた。左派の文大統領と右派のトランプ大統領が北朝鮮対応で一致するという奇妙な現象を見ながら、その一方で、韓国民は基盤となるべき米韓関係がどんどんおかしくなっていくことに憂慮を深めていたというべきであろう。

トランプと金正恩の「恋愛」

 それでは、バイデン次期米大統領の朝鮮半島政策はどんなものなのだろうか。

『AP通信』によると、バイデン氏はトランプ大統領とのテレビ討論前日の10月21日の声明で、北朝鮮問題について、

「3回のテレビ用(米朝)首脳会談にもかかわらず、われわれは依然としてただの1つの具体的な約束も北朝鮮から得ていない。1個のミサイル、1個の核兵器も廃棄できなかった。1人の査察も現場に入れなかった。逆に、状況は悪化した」

 とトランプ政権を批判した。さらに、

「北朝鮮はトランプが金正恩と『恋愛』を始めた時よりもさらに大きな能力を保有している」

 と述べ、トランプ大統領が金党委員長と「恋愛」をしている間に、北朝鮮は核ミサイル能力を高めたと非難した。

 バイデン陣営は、トランプ大統領と金党委員長の会談に反対はしなかったが、米朝双方が首脳会談に先立つ実務協議で、包括的な交渉戦略の輪郭がまず描かれなくてはならないとの立場を示してきた。さらにバイデン陣営は、米韓合同軍事訓練の縮小についても批判してきた。

 一方、副大統領候補を目指したバイデン氏のランニングメートであるカマラ・ハリス上院議員は、民主党の候補指名獲得を争っていた時期に、米外交協会の質問に対する書面回答で、北朝鮮に最初から完全な非核化を要求することは「失敗のためのレシピ」と述べたことがある。

 ハリス氏は、

「私は金正恩とラブレターの交換はしないことを保証する」

 と述べた上で、

「トランプ大統領はいかなる実質的な譲歩も担保に取らず、金正恩に宣伝的勝利をもたらした」

 と批判した。さらに、

「究極的に、われわれは北朝鮮を核保有国と認めることはできない。しかし、単純に完全な非核化を要求することは失敗したレシピであることは明白だ」

「われわれは、長期の目標を目指し、交渉しながら、北朝鮮の短期的な脅威を抑制し、同盟国と緊密に協力しなければならい」

 と述べ、同盟国と協力しながら、段階的な非核化を目指す姿勢を示した。また、

「北朝鮮が核プログラムを撤回するために検証可能な措置を取るなら、北朝鮮住民の生活を改善するために、選択的制裁緩和を考慮する」

「彼らが約束に違反すれば、即刻、緩和された制裁を再開する」

 とした。北朝鮮が非核化措置を取れば、それに見合った緩和措置を取るが、その前提が崩れれば制裁を元に戻すという「スナップバック方式」を主張したのである。

「核能力縮小に同意」が会談の条件

 バイデン氏は10月22日のトランプ大統領とのテレビ討論で、

「トランプ大統領が北朝鮮に正当性を与えた」

 と非難し、金党委員長をロシアのウラジーミル・プーチン大統領とともに「悪党(Thug)」と表現した。

 司会者が、バイデン氏が副大統領だったバラク・オバマ政権当時、北朝鮮は4回も核実験を行ったが、北朝鮮に対応できると考える理由は何かという質問をした。バイデン氏はこれに対して、自身が中国を訪問した際の中国側との問答を紹介した。中国側が、

「なぜミサイル防衛をするのか、兵力を前方配置し、韓国と軍事訓練を続けるのか」

 と抗議すると、バイデン氏は、

「北朝鮮が問題だからだ」と答え、

「北朝鮮が我々を脅かさないと約束するまで継続するつもりだ。望むことがあれば我々を助けるべきだと(中国側に)話した」

 と述べたという。

 また、トランプ大統領が「金党委員長はオバマ大統領を好きではなかった」と述べたことに対しては、

「オバマ大統領が『われわれは非核化の話をし、(北朝鮮に)正当性を与えず、さらに強力な制裁を科すだろう』と言ったからだ。だから、彼らはわれわれと会おうとしなかった」

 と述べ、オバマ政権が北朝鮮の核ミサイル開発を受け入れなかったから会談をしなかっただけだ、と主張した。

 その上で司会者の、金党委員長と会うための条件があるのかという質問に対しては、

「彼が核能力の縮小に同意すれば」

 と答えている。

オバマ政権の「戦略的忍耐」とは異なる

 バイデン政権では、その北朝鮮政策はオバマ政権の「戦略的忍耐」路線に戻るのではないか、という見方がある。

 かつて、ジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、

「バイデン氏が当選すれば、オバマ政権の『さらなる4年』になるだけだ」

 と批判した。

 確かに、北朝鮮が非核化するまで圧力を掛け続けて北朝鮮の変化を待つという「戦略的忍耐」は、結果的に失敗した。その結果、北朝鮮の核・ミサイル能力は予想以上の進展を示し、現在では「無視」できる水準ではない。

 実質的に北朝鮮を追い詰めている国連による経済制裁も、オバマ政権下ではなく、トランプ政権になってからであった。また、北朝鮮は現在、経済制裁、新型コロナウイルスとそれによる対中貿易の激減、水害という「三重苦」の中でも、金正恩政権が揺らいでいる兆候は見えない。

 バイデン次期大統領の「核能力の縮小に同意すれば首脳会談に応じる」という姿勢や、次期副大統領ハリス氏の、

「北朝鮮に最初から完全な非核化を要求することは『失敗のためのレシピ』」

 という発言は、北朝鮮が完全な非核化をするまでは交渉に応じないということではなく、北朝鮮が非核化の方向性を示せば、同盟国と連携しながら交渉に応じるという姿勢だ。その意味で、オバマ政権時代の「戦略的忍耐」と同じではない。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。