記事

三越伊勢丹 中間決算で初の赤字、足元では高額品が堅調で回復の兆し

 百貨店大手の(株)三越伊勢丹ホールディングス(TSR企業コード:297339362、新宿区、東証1部)は11月11日、新型コロナの影響による店舗の臨時休業などで2020年4-9月連結の純利益が367億8700万円の赤字だったと発表した。2008年の三越と伊勢丹の経営統合後、中間決算の赤字は初めて。

 三越伊勢丹HDは、子会社で不動産事業を手がける(株)三越伊勢丹不動産(TSR企業コード:295901861、新宿区)を投資ファンドに売却する。売却益71億円を2021年第4四半期に計上する予定で、経営のスリム化を進める意向だ。

 新型コロナで落ち込んだ百貨店の売上に回復の兆しがみえてきた。10月の三越伊勢丹HDの売上速報(国内百貨店事業)は、グループ百貨店を含め前年同月比1.9%減だった。昨年10月は消費増税前の駆け込み需要の反動減(2018年10月比21.2%減)が大きいが、前年同月並みまで回復した。

 三越伊勢丹の担当者によると、「大都市圏を中心にラグジュアリーブランドなど高額品が伸びている」という。

 2020年4-9月(連結)の売上高は3357億100万円(前年同期比41.8%減)、営業利益178億1200万円の赤字(前年同期138億8600万円の黒字)、純利益367億8600万円の赤字(同75億9500万円の黒字)と減収赤字だった。

 2021年3月期通期(連結)業績予想も修正した。売上高8150億円(前年比27.2%減)、営業利益330億円の赤字(前年156億7900万円の黒字)、純利益450億円の赤字(同111億8700万円の赤字)を見込む。

‌臨時休業中だった三越伊勢丹の店舗(TSR撮影、5月)

あわせて読みたい

「三越伊勢丹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。