記事

三浦春馬さん 幻の「12才初主演映画」が12月に復活公開

幻の映画が復活公開

 7月に亡くなった三浦春馬さん(享年30)が12才のときに初主演した、2002年公開の映画『森の学校』が12月から全国公開されることがわかった。
 
 わが子の才能を目の当たりにして父親が筆を折ったのは、パブロ・ピカソが10才のときのこと。モーツァルトは5才で作曲を始めていた。天才が神童と呼ばれた頃の話だ。

【写真】12才のときの三浦春馬さん。あどけなさが残るがすでにイケメンだ

「春馬は“できた”んじゃない。そういうものを持っていたんだ」

 そう語るのは、映画『森の学校』でメガホンを取った映画監督の西垣吉春氏。その神童ぶりは、それから18年近く経ったいまも、記憶に刻み込まれているという。

 映画『森の学校』は、京都大学の河合雅雄名誉教授の小説を原作とした物語だ。戦前の兵庫県・丹波篠山を舞台に、ひとりの少年が、家族、そして友人たちとの心の触れ合いを通じて成長する一年間を追っている。三浦さんはその少年・雅雄を演じた。

 子供たちの成長の早さを考え、20日間の撮影で一年間の物語を描いた。戦前の設定なので、男の子は丸刈り、女の子はおかっぱ頭が出演条件。

「どの子もそうでしたが、春馬も丸坊主を嫌がっているとヘアメイクのかたから聞いたのを覚えています。最終的にはちゃんと丸刈りになってくれましたけどね」(西垣氏)

 オフのときも、当時の少年少女と同じ感覚にさせるよう心掛けたという。

「初日は皆、テレビゲームをやっていたんですよ。だから、付き添いで来ているお母さんに“ゲームはやめさせてください”って言って、あぜ道を走らせたら、田んぼに飛び込んで口に入った泥を吐いた子もいた。春馬も同じでしたね」

 三浦さんは、茨城県の芸能事務所から子役としてひとり、関西での撮影に参加していた。当時所属していたつくばアクターズスタジオの加藤麻由美代表が振り返る。

「お母様の付き添いはありませんでしたが、師であり、春馬が父親のように頼りにしていた人が、ホテルに一緒に泊まって、撮影所との往復生活を支えていました」

 そこで三浦さんは、天性の輝きを見せたのだという。

「とにかく光っていました。そりゃあ、光ってた光ってた」

 西垣氏は、当時の三浦さんの印象をそう語る。

「素直な演技をしていたんです。斜めからものを見ることなく、こう見せようということもなくて、思ったままに演技をしていた。木登りしているシーンでもいい表情をしていました。ガキ大将役だったけど、けんかのシーンもできていましたよ。子供の日常生活の中にあることを素直に演じられていたんです」

 そして、西垣氏はこう続ける。

「この映画はみんなの努力があったからできた。しかし、春馬がいたからこそ。春馬じゃなかったら、この映画は成功していなかったですね」

『森の学校』は公開後、モスクワ映画祭に招待されるほど高く評価された。しかし、18年前の作品ということもあってDVD化されておらず、インターネットの配信サービスにも未対応。ファンの間では“幻の映画”となっていた。「一度見てみたい」。その思いは三浦さんの死後、大きなうねりを作り、ついには関係者を動かした。

「リクエストの多い作品を映画館で上映する『ドリパス』というサービスがあるんですが、それで12月から全国で公開されることが決まりました。やっぱりスクリーンで見てほしいからうれしいですね」

 と、西垣氏。まだ小学生だった頃の神童・三浦春馬が、大画面で躍動する。作品のリバイバル上映を、三浦さんも空の上で喜んでいるだろう。

※女性セブン2020年11月26日号

あわせて読みたい

「三浦春馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。