記事

【読書感想】伝え方は「順番」がすべて~分単位のコミュニケーションが心を動かす~

1/2

伝え方は「順番」がすべて 分単位のコミュニケーションが心を動かす (光文社新書)
作者:小沼竜太
発売日: 2020/09/16
メディア: 新書


Kindle版もあります。


伝え方は「順番」がすべて~分単位のコミュニケーションが心を動かす~ (光文社新書)
作者:小沼 竜太
発売日: 2020/09/25
メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
圧倒的人気を誇るスマホ向けRPG「Fate/Grand Order」(通称FGO)をはじめ「ペルソナ」「真・女神転生」シリーズなど数々の人気ゲームのプロモーションに携わる“ゲームの宣伝屋”が初めて明かす「伝え方」の極意。“「ターゲット」という概念はもう古い。”“具体的な施策から考えるとプロモーションは失敗する。”“トレンド、バズワードに手を出すのは自殺行為。”“大切なのはコミュニケーションの「順番」だ。”性別・世代・トレンド・経済状況に左右されずヒットを生み出す「伝え方」のノウハウを本書で初公開!

 17年間、〝ゲームの宣伝屋〟として「ペルソナ」「真・女神転生」シリーズや、「Fate/Grand Order」など、数多くのゲームタイトルのプロモーションに携わり、成功をおさめてきた著者による、「今の時代のゲームの売り方」。

 僕も生まれてからこれまで、たくさんのテレビゲームで遊んできたのですが、任天堂の『ゲームウォッチ』を知ったのはテレビCMで、『ファミコン』で本物そっくりの『ドンキーコング』を遊べることに驚いたのはデパートの玩具売り場で実機を見たときでした。

 ファミコンが出てしばらくは、新作ゲームは「テレビのCMか玩具売り場で知るもの」だったんですよね。
 その後、「新しいゲームの発売を知る」のは、ゲーム雑誌からが多くなりました。あるいは、友達からの口コミ。

 いまは、新作ゲームの情報は、ほとんどインターネットから得ています。ネットに情報を伝えているのは、メーカーや既存のゲームメディアではあるとしても。
 最近では、スイッチやプレイステーションの新作は、ネットを通じて発表されることが多いようです。

 著者が「面白いゲームを、どうやってユーザーにアピールし、買ってもらうか」という仕事をはじめた17年前には、まだゲーム雑誌やテレビCMが、宣伝の中心だったそうですから、「インターネット以降」の時代の変化の早さには感慨深いものがありますね。

 重要なのは「どの順番で施策を行うか」ということ、対話の順番が大事だ。
 これはゲーム業界に限った話ではなく、情報が氾濫するこの時代に商品(モノ・サービス)を売ろうとする多くの人たちにもあてはまるだろう。

 膨大な情報の中から自分の商品に気づいてもらい、対話を重ね心理的な距離を近づけ、愛着を持ってもらい購入してもらう。購入後は口コミで周囲に情報を拡散してもらう。

 そういった一連の流れを生み出すには、消費者に対して「何を行うか」ではなく「どの順番で行うか」が大事だ。
 
 たとえば恋人と何度もデートを重ね、最終的にプロポーズすると仮定してイメージしてもらえばよい。
 2人が距離を縮めていくにあたり、利用する映画館や水族館、レストランやその後に行くバーの「組み合わせ」が最重要ではないだろう(もちろん、どこへ行くか、は重要ではあるが、決定打ではないということ)。

 大切なのは、ゴール(プロポーズ)に至るまでの提案の「順番」だ。相手との距離を常に測りながら、あらゆる文脈を読み、その都度最良と思われる具体的な施策を、順を追って提案していく。順番を間違えると人の心は離れる。順番を徹底的に考える。

 たとえばそれが一日のデートのプランニングだったとしても、順番は大事だ。レストランに行く前にバーには行かないし、バーに行った後、映画館には普通は行かない。そういうことだ。

 商品やサービスに興味を持ってもらうための方法というのはいくつもあるのですが、「どの方法がいいか」というのは、ある程度データが集積されてきていているのです。

 現在は、「どれをやるか」ではなく、既知の有効な方法の中で、「相手の状況に応じて、今、どういうアピールをしていくのが、好感度を上げ、最終的に買ってもらうためにいちばん有効なのか」が差別化のためのポイントになっているのです。

 順番とかタイミングというのは大事なもので、順番を間違えると、効果がないどころか、かえって嫌われてしまうこともある。

 最初のデートでいきなりプロポーズ、みたいなのは、それがハマる相手もいるかもしれませんが、引かれてしまう可能性のほうが高いはずです。

 このデートの話では、そんなの当たり前だろ、と思ってしまうのですが、この本を読むと、商品やサービスの間には、そういう「ミスマッチ」が頻繁に起こっているようです。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。