記事
  • ロイター

原油先物は上昇、米原油在庫減少やコロナワクチンへの期待が支援


[東京 11日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。新型コロナウイルスのワクチンを巡る期待感に支援される中、米原油在庫が予想以上に減少した。

0213GMT(日本時間午前11時13分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.31ドル(0.7%)高の1バレル=43.92ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.36ドル(0.9%)高の1バレル=41.72ドル。

米石油協会(API)が10日公表した週間統計によると、米原油在庫は、前週比510万バレル減少し、約4億8200万バレルとなった。ロイターがまとめたアナリストの予想は91万3000バレル減だった。

ガソリン在庫は330万バレル減で、こちらも予想(26万3000バレル減)以上に減少した。

AXIのチーフ市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は、APIの統計で原油在庫が予想以上に大幅減少したと指摘。原油価格は「ワクチンに関するファイザーの発表にも引き続き支援されている」と語った。

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は9日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表した。

これを受け、北海ブレント先物は10日、3%近く上昇。米原油先物も同程度値上がりしていた。

ブレント、WTIともに今週は10%超上昇している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。