記事
  • ロイター

英国民の3分の2がコロナワクチン接種の意向、若年層は消極的=調査


[ロンドン 11日 ロイター] - 調査会社カンターが11日に発表した世論調査によると、英国民の約3分の2がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチン接種を受ける意思を示したが、若年層の間では拒否するとの回答割合が年配層よりはるかに高かった。

調査では、ワクチン接種を「明確に」または「おそらく」受けないとの回答が全体で見ると22%だったが、18─24歳に限ると

38%に上った。一方、65歳以上ではそうした回答が5%、55─64歳では16%にとどまった。

さらに調査では、学位レベルの教育を受けた回答者の75%が接種を受けると回答。学位を取得していない回答者では、その割合は57%だった。

ハンコック保健相は10日、英国ではコロナワクチンの接種を受けるかどうかは選択制になると説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。