記事
  • ロイター

空売り投資家、ワクチン期待受けた旅行関連株の反発で多額の損失


[ロンドン/ニューヨーク 10日 ロイター] - 9日の欧米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンのニュースがきっかけとなり、これまでコロナ行動規制の影響を受けてきた旅行・レジャー関連株や銀行株の買い戻しが進み、これらの銘柄に空売りを入れていた投資家は多額の損失を出した。

米製薬大手ファイザーとドイツ製薬ベンチャーのビオンテックは9日、新型コロナウイルスの予防ワクチンの臨床試験(治験)で有効性が9割に達したと公表した。

ORTEXアナリティクスのデータによると、欧州の旅行・レジャー関連企業に空売りを入れていた投資家は、9日のポジションに基づくと2億8400万ドルの損失を出した。欧州の銀行株をショートにしていた投資家の損失は2億3300万ドルに達した。

また、米国市場では、カーニバル<CCL.N>、エクスペディア<EXPE.O>、アメリカン航空グループ<AAL.N>などのわずか7つの旅行関連銘柄だけで、ショートにしていた投資家の損失は23億5000万ドルに膨らんだ。 業界全体の空売りによる損失はこれをはるかに上回っている可能性が高い。

欧州の旅行・レジャー関連株<.SXTP>は月初から12%上昇、銀行株<.SX7P>も10日に5カ月ぶり高値を記録した。

ロールスロイス<RR.L>、カーニバル<CCL.L>、ブリティッシュ・エアウェイズの親会社IAG<ICAG.L>は今週の株高の勝ち組。また、ソシエテ・ジェネラル<SOGN.PA>、バークレイズ<BARC.L>、ロイズ<LLOY.L>などの銀行株も10─25%上昇した。

こうした反発は、ここ数カ月、これらの銘柄の下げを見込んで利益をあげていた空売り投資家に大きな打撃となっている。ORTEXによると、 ドイツ航空大手ルフトハンザ<LHAG.DE>に空売りを入れていた投資家の損失は9日、1億0100万ドルの損失に達した。旅行代理店の独TUI<TUIGn.DE>をショートにしていた投資家の損失も5200万ドルとなった。

ORTEXの共同設立者、Peter Hillerberg氏は、ファイザーの発表は科学や人類にとり朗報だが、空売り筋は市場の大幅調整に巻き込まれたようだと指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。