記事
  • ロイター

中国がネット大手への規制強化、独占阻止に向け草案発表


[北京/上海 10日 ロイター] - 中国は10日、インターネット企業による独占的な動きの阻止に向けた規則の草案を発表した。アリババ・グループなどのネット販売やオンライン金融サービス事業の監視を強める方針。

国家市場監督管理総局(SAMR)が発表した。ネット企業による市場独占や、公正な競争を阻害する手法の阻止が目的だという。

新たな規則はアリババ・グループ<BABA.N><9988.HK>の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」、京東商城(JDドットコム)<9618.HK><JD.O>、アントグループ<688688.SS> <6688.HK>のアリペイや騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>のウィーチャット・ペイなどの決済サービス、美団点評<3690.HK>などの出前サービスが対象となる見込み。

金融安定発展委員会(FSDC)は先月、公正な競争のためのメカニズムを発展させる必要性を強調し、独占禁止法の適用強化を呼び掛けている。

また、先週はアリババ・グループのアントが上場延期に追い込まれた。アントに対しては、規制当局がオンライン融資事業の規制強化を警告していた。

今回発表された規則草案は、通販サイトがブランドに複数サイトでの販売を規制するやり方の阻止を視野に入れている。

これまで複数の業者が、アリババがかつてこうした手法を採用していたことを批判している。SAMRは昨年、20以上のサイト運営業者を会合に呼び、参加企業に独占協力契約への署名を求めないよう促した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。