記事
  • ロイター

台湾のWHO参加阻止、中国への国際社会の反感高める=行政院長


[台北 10日 ロイター] - 台湾の蘇貞昌行政院長(首相)は10日、台湾の世界保健機関(WHO)への参加を中国が阻止していることを巡って、中国に対する国際社会の反感を高めるだけだと指摘した。

台湾は、中国の反対によりWHOに参加できないことについて、世界が新型コロナウイルス流行に対処する上でマイナスと主張している。

WHO加盟国は9日、バーチャル形式で今週開催される年次総会に台湾を参加させるよう求めた米国の要請を拒否した。中国の陳旭・国際機関代表部大使は、米国の提案は「国連憲章の目的と原則に違反し、『一つの中国』政策に反する」と述べた。[nL4N2HV4IE]

行政院長は記者団に対して、多くの国が台湾の年次総会への参加を支持したと強調。「しかし、中国が政治的な理由で、新型コロナの感染拡大抑制に最も成功している台湾を妨害した」と語った。

行政院長は、中国の行為は「台湾を抑圧しているだけではなく、コロナ流行への対応という面で世界全体にとってもマイナス。より多くの諸国や人々が立ち上がり、中国を非難することにつながる」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。