記事

Appleには常に二人のジョブズがいた(下)〜 政治家はパフォーマンスに秀でていなければならない(4)

1/2

97年、ダイナミック・デュオの復活

再びAppleが復活するのは97年、ジョブズがAppleに復帰した後のことだ。前述したように「余命90日」の状態でジョブズはAppleに復帰する。しかも、Next社をAppleに買収させ、そのOSだったNeXTSTEPを次期MacOSXとして持ち込んで。復帰後、ジョブズはまもなくジョブズを雇ったアメリオの首をはねて自らがCEOの座に就く(当初はiCEO、つまり暫定(=interim)CEOだった)。そしてiMacを世に問う。これはジョブズがAppleⅠで構想した「一般人を対象したコンピューター」アイデアの進化形だった(キャッチコピーは”computer for rest of us”だった)。筐体を半透明緑色(その色をオーストリラリアのボンダイビーチの海の色にちなんで”ボンダイブルー”と名付けている)のポリカーボネートでマシンを本体とキーボードだけに集約し、また各種コード類も一カ所に集め、さらにジャック類が見えないように蓋までつけた。そしてインターネットにアクセスしやすいようLANポートをパソコンで初めて標準装備したのだ。このインテリアのような、それでいて本格的にインターネット利用をめざしたパソコンは価格が手ごろだったこともあり売れに売れる。その後iBook(後のMacBook)、iPod、iPhone、MacBook Air、iPadと次々ヒットを飛ばし、逝去する直前には世界一の企業にまで成長を遂げていったのはご存知の通りだ。

ただし、これまでの図式に基づけば一人のジョブズではこんなに上手くはいかないはずだ。彼には技術力もビジネス能力もないのだから。そう、この時にもジョブズは二人いた。パフォーマンスとアイデアを提供する必要条件としてのスティーブ・ジョブズと、これを財務面・ビジネス面で支えるジョブズ=十分条件の存在だ。そしてその役割を担ったのが、現在AppleのCEOであるティム・クックだった。

クックがジョブズと衝突しなかったのには二つの要因が考えられる。一つはクックがスカリーとは異なり、自らアイデアを出したりしなかったことだ。アイデアそしてパフォーマンスは全てジョブズに任せたのだ。代わりジョブズの構想を実現するためにマネージメントに専念した。そして、もう一つはジョブズがNext時代の経験を生かしてビジネスマンとしての才能を養っていたことだった。

この二人の関係が見事に花を開いたのがiPodの普及だった。iPodは2001年にリリースされているが、爆発的な売り上げを見せるのは2003年10月、iPodを操作するソフトiTunesをWindows用にリリースしてからだ。iPodをWindowsユーザーに開放したのだけれど、これについてはジョブズとクックの考えが正反対だった。徹底的なクローズド戦略を考えるジョブズはWindows版のリリースを拒絶していた。これはクックと首脳スタッフたちが説き伏せたのだった。あの独善的なジョブズが折れたのだ。それはまさにダイナミック・デュオの復活、いや進化だった。

2011年、Appleは必要条件を失ったのか?

2011年10月ジョブズは逝去する。ジョブズの死は、これまでの図式に基づけば組織・システムを構築する必要条件=パフォーマンスとアイデアの側面を失うことを意味する。つまりAppleは十分条件だけという片肺飛行の状態に戻った。ということは、Appleは再び斜陽を迎えるということになるのだろうか?

実際、この十分条件だけのAppleを危惧する声は大きい。たとえばiOS6.0に搭載されたオリジナル地図=Mapsの混乱(表示が至るところで間違っている)は、そのことを象徴すると、しばしば指摘されている(ジョブズが生きていたら、決してリリースされることはなかっただろう)。しかし、そんな不安をよそにAppleは業績をさらに上げ続けていることも確かだ。じゃあ、実際のところはどうなんだろう?

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  7. 7

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  10. 10

    都議選2021の争点は「表現の自由」が熱い!東京都の不健全図書指定について、具体的な改善策を提起する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月17日 10:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。