記事

消費税は逆進税ではない

消費税は逆進的であるから税率を減らすべきだ、あるいは廃止すべきだ、という意見が多いので、簡単に反論しておきます。

所得の少ないAさんと多いBさんについて考えてみましょう。

ここでは"収入から消費税以外の課税や社会保険料を除外したもの"を可処分所得として考えます。また議論を単純化するため、2人の所得以外の要素(親の遺産や生まれ持った能力等)は全く同一であると仮定します。

Aの生涯可処分所得が1億円。この全てを消費にまわした場合、消費税を10%とすると生涯の消費税課税額は1000万円。Bの生涯可処分所得が3億円としましょう。このうち1億円だけを消費にまわすと同じく課税額は1000万円。

Bは2億円も残したのに同じ納税額である。これは不公平だろうか?・・・という問いです。

消費税の逆進性を訴える人は、ズバリこの問いを発しているんだと思います。すなわち、所得の低い人はすべてを消費に回すので所得の全部に課税されているけれども、所得の高い人は消費しなかった分に課税されてないので不公平である、という意見です。

しかし上記の設定で、BはAより恵まれているのでしょうか?

BがAよりも良い生活をしたと実感できるのなら不公平かもしれません。しかしAと同じ消費額なので(ごく単純化して考えると)同じ家賃の家に住み、同じ服を着て、同じものを食い、同じものを買って使ったただけ。さらに、Bはおそらく若い時に苦労して勉強をし、責任の重い仕事についてきたことでしょう。

BはAよりも仕事で辛い思いをし、消費額がAと同じであるなら、むしろ貧しい生活をしてたと言えるのではないでしょうか。

いうなればBの生活は、2億円の借金を返すために余分に働かされたようなもの。私から見ればとても幸福とは思えません。

このように、私たちはお金を稼ぐことで満足を得るのではなく、使うことで満足を得ています。所得を増やしたいのは、消費を増やしたいからです。貯蓄が増えて嬉しいのは、将来の消費を増やせそうだからです。その原則に従うなら、お金を多く使うほど課税額が増える消費税の仕組みは何ら不公平ではないでしょう。

仮に今の所得が大きくて貯蓄に回せる人がその貯蓄分に消費税を課されないとしても、その貯蓄を生かすためにはいつか消費をする必要があり、やはりそのとき課税されます。逃れる手段はありません。年を追うごとに税率が上がっていくなら、さらに貯蓄の効果は薄れます。

逆に、消費税率を下げたり撤廃してしまうと、それまで貯蓄に励んできた人から消費税として徴税することはできなくなります(*1)。

消費税に累進課税はないため、多く使う人からは同率の、つまり多額の納税をしてもらうことはできますが、懲罰的な課税をすることはできません。取られる税率が同じなら、消費を増やすほど生活満足度は上がります。

これを〝逆進的〟と呼ぶのは、私たちが所得税や相続税の累進課税に慣れ過ぎてしまい、お金の多い人に懲罰的な税率を付加しないのは不公平であるという歪んだ認識をしてしまっているからです。

仮に貯蓄に懲罰したいのであれば(私はその意見に賛同しないけど)、消費税を段階的に引き上げるほうが効果的。なぜなら、所得税や預金課税には簡単な課税逃れの手段が残されているからです。

*1.これが「消費税は老人からもとれる公平な税である」に直結します。若い時に課税されず貯蓄に回せた老年世代は現在の消費としてその恩恵を享受しています。現在の消費に課税すればその分だけ、世代間不公平は解消できます。

あわせて読みたい

「消費税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。