記事

出た!真紀子節での大学新設不認可

田中真紀子文部科学相が、秋田公立美術大ほか2件の大学新設を不認可とした問題が賑わしている。今までは慎重な対応をしてきた田中文科相ではあったが、何時出るかと思われていた真紀子のわがまま振りがついに出たかという報道もある。
不認可とされた大学側には当然のことながら困惑が広がっているであろうし、困惑を通り越して憤りも出ているようだ。

設立を申請していた秋田市は11月5日、行政不服審査法に基づく行政不服審査申し立ての検討をも始めたらしいが、これはある意味当然であろう。大学側は準備を重ねて必要な作業を終え、審議会では認可に問題なしとされてきたところ、田中文科相がひっくり返したわけだから大学側の憤りも理解できる。不認可とされた3大学は、今後おそらく田中文科相に不認可撤回を求める行動に出るだろうが、私は何とか円満にことを納めて欲しいと願っている。

私は、田中文科相の真意は何も不認可自体が狙いではなく、あくまで問題提起のつもりではないか、それがいささか過激に不認可の行動になったのではないかと想像している。私自身も問題意識は田中文科相と共通するものがある。

日本では大学と称する組織が多すぎる、大学とはいうもののそれに見合った高等教育をしていない大学もあるのではないか、もっと高等教育の質を高めるべきではないか、といったところだろう。
こうした問題意識を持っているのは、田中文科相や私以外にも案外大勢いるのではないかと思っている。

法科大学院も実際には74校も設立認可されたが、蓋を開けてみれば、最近では司法試験の合格者をほとんど輩出することができない法科大学院も多い。上位の成績を出している法科大学院と下位のレベルに低迷している法科大学院との差は非常に大きい。法科大学院卒業の判定をしておきながら、司法試験にはそのうちの10%程度しか合格しない法科大学院の教育は一体どうなっているんだと不信の念も消えない。
あまり短絡的な判断は避けるべきだが、正直言って74校はあまりにも安易に乱造したのではないかと言わざるを得ない。今、法曹養成制度検討会議でも検討されるところではあるが、将来の法曹を担えるような優れた教育を実践して欲しとは願っているものの、現実にはなかなか追いついていない。
もしかすると田中文科相の問題意識の背景には、こうした法科大学院の存在もあるのではないかと思ってしまう。

しかしそれにしても田中文科相の今回の不認可はあまりにも唐突であることは明らかである。問題意識は良しと思うものの、やはり大学設立申請者側とより良く協議をして円満にまとめてもらいたいと願う。
問題提起をしながら、具体的な事案では円満にまとめ、そして問題意識を上手に提示しながら今後の大学設立の在り方を改めていくことができれば、今回の真紀子節も有効だったと言えるのではないかと思っている。

あわせて読みたい

「大学新設不認可問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。