記事

公的年金の資産運用は適切か

正規のサラリーマンは厚生年金に強制的に加入させられている。毎月、公的年金の掛け金として保険料が天引きされ、積み立てられ、運用される。関心を持つべきは、その運用が適切かどうかだ。

積立金の運用を担っているのが年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)である。また、運用状況はGPIFのホームページに示されている。詳しくはそのホームページを見てもらうとして、運用の概略を書いておくと、今年6月末現在、運用資産は108兆円、そのうち日本国債(それと同等のものを含む)が6割を超している。残りは内外の株式や外国債券である。

ここで質問だが、公的積立金についてGPIFが6割を日本国債に投資していることは何を意味しているのか。一言で答えれば、サラリーマンが強制的に国債を買わされているに等しい。ということは、国債の価値が大きく下がれば、将来の年金が約束どおり支払われるのかどうかを心配しなければならない。

つまり、公的年金は日本国の信用に委ねられていることになる。もちろん、年金の制度全体がそもそも国の信用に依存しているし、税金も投入されるから、「どっちでも一緒やん」という意見もあろう。しかし、考えて欲しいのは、国債に投資するということは、国民が支払った保険料の積立金が国の借用証書である国債に姿を変えることであり、国の信用に依存する割合を増やしたことに他ならないという事実である。

もしも、年金積立金が日本国債に投資されていないとすれば、国債の価格が大きく下がったとしても、積立金の価値に影響しない。また、それが海外債券で運用されていたのなら、日本国債価格の低下に伴って円安が急速に進んだとしても影響を受けないし、かえって利益が生まれる。

逆に円高になれば損失だが、円高の時には国民全体にとってメリットが(たとえば輸入品価格の低下が)生じているはずだから、年金生活に大きなダメージはない。反対に国債価格の下落とそれに伴う円安は、物価の上昇も引き起こす。年金がダメージを受け、さらに物価が上がれば、年金生活は非常に不安定となる。

まとめれば、年金積立金を国債で運用することはリスクの集中である。国債での運用を避ければリスクの分散になる。どちらを選択するのかは、日本国がどこまで信頼するに足りるかに左右される。現在の政治を見るにつけ、全面的に信頼していいのかどうか。分散投資したところで日本国を捨てるわけではなく、財産の一部を国債以外に回すだけである。こう考えると、個人的には分散投資が望ましいのではないかと思っている。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。