記事
  • ロイター

EUの対米報復関税発動に失望=米通商代表部

[ワシントン 9日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は9日、欧州連合(EU)の米製品への関税発動に対して失望感を示した。ただ、対抗措置には言及しなかった。

EUは9日、米政府が航空機大手ボーイング<BA.N>に不当な補助金を与えているとして、10日から航空機や航空機部品を含む40億ドル相当の米製品に対して報復関税を課すと発表した。

ライトハイザー氏は先月、EUが報復関税を発動すれば、米国は対抗措置を余儀なくされると述べていた。ただ、この日USTRが発表した声明は対抗措置には言及しておらず、米国とEUはこの問題の解決に向け依然交渉中だと説明している。

同氏は声明で、EUの措置に失望しているとし、EUは世界貿易機関(WTO)の規定を順守するとこれまで表明していたが、そうするのは都合の良い時だけだということがきょうの発表で示されていると指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。