記事

【米大統領選挙 社説から】

アメリカ大統領選挙の結果を受けた、各社の社説です。Washington PostやNew York Timesといったリベラルなメディアは、歓喜に沸いています。

保守系のWSJは、トランプ大統領に苦言を呈しながらもバイデン候補に厳しいです。英FTはバイデン候補に対する国際社会の期待を示しています。

ざっくりこんな感じです。

[画像をブログで見る]

Washington Postの社説はHow President-elect Biden and Congress can turn division into opportunity(バイデン次期大統領と議会は分断を機会に変えよ)で、「過去最大の有権者が投票した結果、共和党はわずか1期でホワイトハウスを失った。

民主党は下院で議席を失い、上院でも負けたか、多数派を奪還したとしてもわずかの差であり、ねじれ議会により今後物事が動かず、不満がたまるだろう」と指摘しています。

その上で、バイデン次期大統領、民主党のペロシ下院議長、それに共和党のマコネル院内総務とスタッフは、今回の分断をチャンスに変えることがきると言います。

中国との競争力を高めるために必要なインフラを整備するための法律は、トランプ支持者の賛同も得られるだろうしています。

一方、トランプ大統領と異なってバイデン氏は気候変動、経済格差と人種間の格差の縮小、移民制度の改革といった明確な政策を打ち出しており、共和党側も歩み寄るべきだと言います。「バイデン氏、ペロシ氏、マコネル氏は熟練した政治家であり、ネゴシエーターだ。アメリカのためにその腕前を使うべきだ」とまとめています。

WSJの社説はJoe Biden’s ‘Time to Heal’(バイデン氏の言う「宥和のとき」)で、副題は「反トランプで勝利したバイデンは民主党の急進左派を制御しなければならない」です。

トランプ大統領はペンシルベニア州、ジョージア州、アリゾナ州、ネバダ州で逆転勝利しない限り敗北は避けられなず、敗北宣言をしたり、相手に祝意を示すことは義務ではないものの、アメリカのためにも、自身のレガシーのためにもそうした方がよいと苦言を呈しています。

一方、現職のトランプ大統領を破ったバイデン氏は土曜に勝利宣言とともに「これからは宥和の時間だ」、「互いにチャンスを与え、厳しいことばのやりとりをやめよう」と述べたが、トランプ大統領を人種差別者と呼び、コロナによる死者をすべて大統領の責任にしたことを忘れてはならないとしています。

さらに、民主党が勝利を収めたわけではなく、トランプ大統領が規律正しく、一貫したメッセージを放ったバイデン候補に負けたのだ、と。

また、コロナ対策は真剣に取り組んでいるというメッセージ以外には何も変わらないだろうと辛辣です。

バイデン候補が公で言うことはないが、まだ決まっていないジョージア州の上院議員2人が共和党から選出され、共和党が議会上院で多数派を取った方が、急進左派の民主党の主張からより中道に寄れるのでバイデン候補にもよいはずだと指摘。

「バイデン候補が直面する危険は大統領に就任した瞬間に、トランプ大統領を追い出すというミッションを終えてしまうということだ」「正常に戻るかどうかは、“トランプ後の共和党”ではなく民主党の左派の対応しだいだろう」と結んでいます。

FTの社説はBiden turns the page on a presidency of rancor(バイデン、憎しみの政治から新たなページに)で、副題は「次期大統領は、メッセージや態度だけで多くのことをなし得る」です。

この中で、トランプ大統領はホワイトハウスに残るために戦い続けるが、各国の首脳は「バイデン次期大統領」と祝意を示すなど、世界はすっかり次のフェーズに入ったと指摘。

トランプ大統領は、アメリカ国内の分断を深刻化させ、国際的にも秩序を乱し、同盟国や国際機関との関係を傷つけただけに、バイデン氏は短時間でこうした意味のトランプ主義(Trumpism)を排除できるとしています。

そして「アメリカのトラブルは、コロナと経済危機だけではない。それでも久々に誠実で善意ある大統領が舵を取る」と締めくくっています。

あわせて読みたい

「ジョー・バイデン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。