記事

今の時代のコミュニケーションについての私見。

昨日、なぜか丸一日Facebookに書き込みができなくなりました。

閲覧するだけなら、全く通常通り使えるのですが、いいね!やコメントをしようとするとエラーメッセージが・・・

目の前で友だちが楽しそうに写真やメッセージのやり取りをしているのに、自分は全く参加できない。

自分からは見えるのに、相手からは認識されず、何もこちらから働きかけることができないのは、透明人間になったような気がして結構辛かったです。

2年前までFacebookは使っていなかったのに、あっという間に生活の一部になっていることをまざまざと実感しました。

と、同時に。

ちょっとホッとした感覚も正直ありました。

私はネット大好き人間なのですが、それでもなお、いつも繋がっている感覚が少し遮断された時になんとなくスッキリしたというか。ま、なくても別にいいか!みたいな。

で、こういう時にいつも思い起こすのは、「あー、自分はデジタル・ネイティブじゃないんだなぁ・・・」ということです。

デジタル・ネイティブとは。

ご存知の方も多いと思いますが、Wikipediaによると、「デジタルネイティブ (digital native) とは、生まれた時からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代である。」とあります。特に最近は、ブログ、SNS、動画共有サイトのようなソーシャル・メディアやクラウドコンピューティングを使いこなし青年期を過ごした世代、「第2世代」が出てきたと言わたりもしているそうです。

逆に、私のように大人になってからネットやSNSを体験、利用している人間は、「デジタル・イミグラント(移民)」と呼んだりします。

ちなみにデジタル・ネイティブの一つの象徴的な実例がこれ。

ただいま車で高校に通学中の娘(17歳)。デジタルツールは彼女の事故を救えたか? | AdverTimes(アドタイ)

アメリカ在住の娘さんが、自動車運転中に接触事故に巻き込まれたにも関わらず、その場でiPhoneとFacebookを駆使し様々な人の協力を得ながら、わずか10分で現場検証を完了するという話です。

これはある意味超上級者の例ですが、筆者の方が書かれたこの指摘が特徴を分かりやすく表現されていると思います。少し長いですが引用させていただきます。

”私は彼女の緊急時におけるデジタルデバイスの使い方もさることながら、そのスピード感に圧倒された。これは前々から感じていることだが、デバイスが身体の機能として埋め込まれているのだ。まるで脳が指令を出せば、指先が動くというように。脳が中枢に信号を送れば、それはそのままダイレクトにデバイスにつながりアプリケーションが作動するのだ。頭が真っ白になってもおかしくない初めての交通事故の時に、それほど素早いデジタル処理ができる。ここにデジタルネイティブの真骨頂をみた思いがした。そしてこれはなにもうちの娘に限ったことではないはずだ。

私たちが、デジタル移民と呼ばれる意味が理解できた気がした。つまりこれを英語学習におきかえれば、彼女たちは自分の考えを表現する言語として、英語が自然に出てくる。一方、移民である私たちは考えを一旦日本語から英語に翻訳するというプロセスが多かれ少なかれ必要になってくる。当然、スピードは遅くなり、表現方法はスムーズでなくなる。デジタルネイティブがビジネスの部隊で権限を持ったなら、世の中は相当変わっていくだろう。まるでフェイスブックの世界のように。”

もちろん彼女は極端な例です。実際に同年代の人たちでも、個人差はかなりあると思います。相対的に私の感覚のほうが近い人もたくさんいるでしょう。

とはいえ、世代間で比べてみたら、デジタルな環境が物心ついた時から当たり前のようにある今の10代の感覚と、私やその上の年代とは、大きく異なるのも実情だと思います。

デジタル化が進む中で、大きく変化していくものは?

デジタル化が浸透していくと変化していくことはたくさんありますが、その中で一番大きなことの一つは、上記の例にあるように、コミュニケーションです。

スマホ/SNSなどの今の時代のコミュニケーションツールに対する適応度で考えると、シンプルにこんな感じかも知れません。

1. デジタル・ネイティブ
→ ツールがない生活が想像できない。

2. デジタル・イミグラント(移民)
→ ツールが存在しない生活を(若い頃)経験してるし、想像もできる。

3. アナログ・ネイティブ
→ ツールがある生活が逆に想像できない。

ざっくり言い換えれば(個人差あるにせよ)、

1. 子供・若者

2. 大人

3. 老人

と言えると思います。

1.と3.はそれぞれネイティブ同士、互いの世界が想像できません。

(ビデオチャットで孫と会話みたいなのは当然あると思いますが、SNSをがんがん駆使してコミュニケーションを取り合うみたいなのはほとんどないでしょう)

別の大陸に暮らしているようなもので、無理せずその世界観の中で生活をしていれば、そんなにストレスはないでしょう。

そう考えると、デジタル化によるコミュニケーションがさらに進化していくことで、今の時代、それらの恩恵を被りつつも、過渡期としてストレスを感じやすいのは、アナログ・デジタル両方経験している2. デジタル・イミグラント(移民)の人たちかも知れません。

これからどうする?

手紙 → 固定電話 → ガラケー携帯電話(&メール) → スマートフォン(&SNS)

と、コミュニケーションのツール自体は技術の進歩と共に、進化してきました。

人と人が繋がりたい、コミュニケーションしたい、というのは人間の根源的な欲求であり、この流れは進みこそすれ戻ることはありません。

これからさらにデジタル化が進み、時間の経過と共にネイティブの人たちが社会の主役になっていくのは間違いないでしょう。であるならば、英語圏で英語がネイティブでないと、言語が完璧に使えないことでのストレスがあるように、たぶん2. デジタル・イミグラント(移民)に属する一般的な大人の人達は、これからも大なり小なり違和感を抱えながら、生活していくのだろうなと思います。

だからこそ、私のような大人は、

- そういうものだと割り切って、ツールに踊らされず自分が使える範囲で楽しむ。

そして

- ネイティブの邪魔をせずに、彼ら彼女らが次の時代の主役として活躍できるよう、見守る。

というところが求められるのかも知れません。

いつの時代も最先端の環境を当たり前のものとして使いこなすネイティブが育ち社会の中心になることで、その次の社会や価値観は創られていきます。

デジタル・イミグラントとしてカッコイイ大人になりたいですねー。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。